時論自論

かみなりがゴロゴロ鳴ると押入れの中で泣いていた子が大人になった日記

テレビを捨てるとき

我が家にはテレビがありますので、NHKに受信料を支払っていますが、受信料を支払っているからといって、満足しているわけでもなく、納得しているわけでもありません。

今一度、放送法64条1項を見てみましょう。

「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。
 ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。」

一昨日の東京高裁判決では、NHKの放送を受信できないように、わざわざフィルターを取り付けられているテレビを買ったにもかかわらず、「フィルターを取り外したり機能させなくしたりすることによって、NHKの放送を受信できる状態になる場合には、NHKの放送を受信できる設備に当たる。」という判断を示しました。

フィルターが機能してNHKを受信できない現状であっても、「やろうと思えばフィルターを除去してNHKが映るかもしれないわけでしょ。だからNHKが映らないフィルターを付けてもダメです。」という判断です。

そして今日は、受信料を支払わなければ割増金を発生させることを閣議決定した、というニュースがありました。

はっきり言って、やりたい放題。

どんなに予算の無駄遣いをして、誰も見ないような番組を作ったって、NHKから給料をもらっている人は誰も困りません。

どんなに予算の無駄遣いをして、誰も使わないようなハコモノを作ったって、税金から給料をもらっている人は誰も困らないのと似ています。

もう、テレビは捨てるべきなのでしょう。

スポンサーサイト




未分類 | コメント:0 |
<<署名 | ホーム | 庶民のためのものづくり>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |