時論自論

かみなりがゴロゴロ鳴ると押入れの中で泣いていた子が大人になった日記

手段の目的化

環境大臣の小泉進次郎クンの発言が勇ましいです。

曰く、プラスチック製品の全部を有料化の対象にする、と。

脱炭素社会を目指すことが世界的な潮流となってきている現実があり、ガソリンを燃焼させて動く車の販売を禁止して電気自動車化を推進する流れがあるという現実があります。

じゃあ、その電気はどうやって作るの?という素朴な疑問は置いておくとして、脱炭素社会を目指すためにガソリンエンジン車を廃止する、というのは、理屈として、分からないわけではありません。

これと同じ論法で行けば、プラスチック製品の製造・販売を禁止する、ということを掲げなければいけないはずですが、そうではなくて有料化するというのはどういうことなのでしょうか?

有料化すればプラスチック製品がなくなるのでしょうか?

有料化を浸透させつつ炭素税化するというのが見え見えです。

スーパーで売られている豆腐はプラスチックの容器に入っていますが、みんな鍋をもって豆腐を買いに行く時代に逆戻りしろ、と言うのが理屈として正しいはずで、それを言わないのはインチキだと思います。

スーパーの鮮魚売り場でサンマを買うとビニール袋に入れてくれますが、このビニール袋はレジ袋ではないので無料です。しかし、そのサンマの入ったビニール袋をレジを通してレジ袋に入れると、こっちのビニール袋は有料になる。実にバカげた話しです。


スポンサーサイト



未分類 | コメント:0 |
| ホーム |