時論自論

かみなりがゴロゴロ鳴ると押入れの中で泣いていた子が大人になった日記

5枚

昨日、アベノマスクよりも先に、太田市から不織布マスクが届きました。

一家に5枚ですが。

用意したマスクは41万枚ということですが、お店で売っているのを見たことがない現状で、どこから、どうやって掻き集めたのか?少し気になります。

国会の様子を見ていても、あのマスクを着用しているのは、意固地になっている首相ただ1人のように見えますが、たとえポーズであっても、閣僚の面々はアベノマスクを着用すべきです。

多くの国民がそんなもの要らないと言っているのを無視して自分たちで決めたのですから、率先して自ら範を示すのがスジです。

私はアベノマスクは要らないので、需要のあるところへ差し上げるか、受取拒否で返送しようか、と思っています。


スポンサーサイト



未分類 | コメント:0 |

何を信じれば

4月14日付の厚生労働省の発表によると、国内で新型コロナウイルスに感染したと確認された人数は約7645人、入院治療を要する人数が6683人、退院できた人数は853人、とあります。

当初、新型コロナウイルスに感染しても8割は症状がないか、軽い風邪のような症状で済む、という報道がなされていましたが、データからは、「退院できた人は1割程度しかいない」ということになります。

「8割は無症状か軽い風邪のよう」と言えるためには、「無作為に検査してみたところ、1000人の感染者を確認し、内800人は症状がなかったか、軽い風邪のような症状で治まった。」ということでないとイケナイはずです。

でも、そんなことはしていません。

なのに、どうしてそういう風聞だけが広まったのか?その根拠は何なのか?

どうも、「中国のデータによると・・・・」というものでしかないようです。

その中国だって、無作為に検査していないでしょうから、全くアテにならない情報のはずです。

全くアテにならない情報でも、オリンピックをやりたい人にとっては都合の良い数字だったので、ソレに乗っかった、ということになるのではないでしょうか。

東京では1日の感染者が初めて200人を超えたというニュースが入ってきましたが、いったい何を信じれば良いのでしょうか。

1つだけハッキリしていることは、麻生太郎は今すぐ辞めろ。




未分類 | コメント:0 |

加齢に伴う劣化

18才の夏休みに車の運転免許を取得してから、もう30年になりました。

これまで、車をぶつけたり、こすったり、という経験は1度もありませんでしたが、45才になった頃から、出先で車の下の方をぶつけたり、こすったりするようになりました。

状況はすべて共通しており、
「雨の日の夜」
「初めて行く場所」
「駐車場の出入り」
です。

1度目は、初めて入るコンビニで、駐車場に右折で入ろうとしたところ、縁石の端が目に入らず、運転席の下のサイドスカートと呼ばれる部分を激しくこすってしまい、何箇所も穴が開いてしまいました。

2度目は、お客さんの家から道路へバックで出る際、枯れた竹が置いてあるのが目に入らず、右側のフロントバンパーの下の方をカチカチの先端でギリリとこすってしまいました。

3度目は昨日で、お客さんの家から道路へバックで出る際、隣地との境界の杭(コンクリート製)が目に入らず、左前輪は通過できましたが、左側のフロントバンパーが通過できず・・・・ゆっくりゆっくり運転していましたが、それでも衝撃でフロントバンパーの下が潰れるようにして割れてしまいました。

自分で塗装したり、磨いたりして誤魔化して来ましたが、さすがに割れてしまうとどうにもなりません。

今まで0件だったものが、この3年間で一気に3件ですので、状況を確認する注意能力が確実に劣化していることを突きつけられます。

車は動かせば傷つくもの、一瞬で廃車になるもの、という考えで、中古車ばかり乗り継いで来ましたが、これからは、「車高が高くて下回りを傷つけにくいもの。」という条件も付けなければならないようです。

情けないですが、年齢には勝てません。
未分類 | コメント:0 |

数時間で登記完了

3月の年度末が過ぎると仕事は暇になります。

特にこの4月は新型コロナウイルスの影響もあるのだろうと思いますが、木曜日の夕方5時に申請した登記が、金曜日の午前11時に完了していました。

オンライン申請によって、法務局は、申請されたデータを貼り付けていくだけなので処理が早くなった、ということもあろうと思いますが、それにしても早すぎです。

金曜日に、木曜日とほぼ同じ時間を狙ってオンライン申請してみたところ、受付番号が120ほど下がっていましたので、この1日で登記は表題・権利あわせて120件程度しか申請されなかった、ということになります。

太田市・館林市・大泉町・邑楽町・千代田町・明和町・板倉町、全部含めてこの件数で、大きな事務所が5~6軒あればすべて処理できてしまう程度の件数です。

仕事がゼロではなく、あったただけでも「ありがたい」と思わなければいけませんね。

できれば、集中するのではなく、毎日チョボチョボと仕事が続くと、精神面の健康が保たれます(笑)。

未分類 | コメント:0 |

休業手当て

自動車各社も工場の一時操業停止を発表していますが、会社から「出社しないで自宅待機していなさい。」と言われたときに、最初に考えることは、(給料はもらえるのだろうか?)でしょう。

労働基準法26条では休業手当について規定しており、「使用者の責めに帰すべき事由による休業」の場合は、休業期間中であっても、平均賃金の60%以上を支払わなければならない、とされ、これに違反した場合は30万円以下の罰金(120条)となっています。

反対に言えば、「使用者の責任とはいえない事由による休業」の場合であれば、休業期間中に休業手当てはない、ということになります。

問題は「使用者の責めに帰すべき事由」とはいったい何なのか?ですが、労働基準法の教科書では、「天災事変などの不可抗力をいう。」とされており、具体的には、大地震で工場や店が倒壊してしまって操業したくても操業できない場合とか、大津波や大洪水によって工場や店が浸水してしまって操業したくても操業できない場合とか、そんな場合が当てはまることになります。

では、今回の新型コロナウイルスによる営業自粛要請に基づいて操業停止した場合はどうなのでしょう?

新聞報道では、厚生労働省は、会社に休業手当の支払い義務を認めるのは難しい、と言ったとか、言わないとか。

内閣総理大臣である安倍氏は、今回の営業自粛要請に基づいて操業停止してもいっさいの補償をしない、と明言しています。

店には営業しないでくれ、客には行かないでくれ、では、大企業でなければすぐに資金ショートを起こしますが、お金がないんだったら言ってくれればジャンジャン貸しますよ、と。

自分で倒産・廃業へのレールを敷いておきながら、苦しかったら借金して下さい、と。

何が起きても生活にまったく困らないオマエがソレを言うのか。

せめて、すべての対応が後手後手に回った結果が今の状況ですので、報酬・手当てを全て支援金に回します、くらいのことが言えなきゃ男じゃないよ。



未分類 | コメント:0 |

ギリギリの意味

新型コロナウイルスの感染者数は日増しに増えていますが、それでも毎日「ギリギリのところで持ちこたえている」という発表が繰り返されています。

この「ギリギリ」のところと、「ギリギリを超えた」ところとの間に、具体的な数字の違いはあるのでしょうか?

感染者数が何人までであればギリギリ持ちこたえている状態で、何人を超えたら持ちこたえられなかった状態なのか、それを区別する基準となる具体的な数字なんてないでしょう。

毎日、大本営発表を聞かされている気分です。

そのうち、ギリギリ持ちこたえている状態の意味について、また「閣議決定」するかも?
未分類 | コメント:0 |

世界の笑いもの

アパートの近くに観光バスの駐車場がありますが、もう1ケ月くらい、1台も動いていません。

文字通り、1ミリも動いていません。

大型バスが7~8台の小さな会社ですので、本当に死活問題だと思います。

感染しても症状のない人もいるそうですので、仮に「春節ウエルカム」を止めておいたとしても、ウイルスを持ち運ぶ人の出入りを防ぐことはできなかったでしょうから、早かれ遅かれ、こうなるのは仕方なかったかもしれません。

その一方で、SARSやMERSのときは、こんなことにはならなかったことを考えると、WHOを筆頭に初期対応に大きな間違いがあったのではないか、とも思えます。

そんな中で、昨日、突如として発表された「全世帯に布マスクを2枚配布」という内容にビックリ、いや、笑ってしまった方が多いのではないでしょうか。

ほんの1ケ月ほど前には、「マスク月産6億枚!」と言っていたのを覚えている人は多いでしょう。

あれはいったい何だったのか?

今の状況では、小さな観光バスの会社は、潰れるのは早かれ遅かれ時間の問題、という状況にある中で、10億とかそういうお金をかけて、「全世帯に布マスク2枚を送付」なんていうことを真顔で言えてしまう感覚に、もっともっと国民は怒りの声を上げなくてはいけません。

暴落する株価を下支えするために日銀に投資信託を買わせてお金を溶かすのではなく、国家にとって、政治にとって、「一人でも多くの国民の生命と生活を守る」こと以上に大切なことなんてないのです。

世界の笑いものです。

未分類 | コメント:0 |

違和感

オリンピックの延期が決定されてから、まるで隠していたものが一気に溢れ出したかのように新型コロナウイルス感染者が急増し、指数関数のようなグラフを描き始めました。

収束するのがいつになるのか?誰にも分からないにもかかわらず、延期後の日程だけは決まってしまったことに違和感を感じている人は決して私だけではないと思います。

オリンピックを目指して血に滲む努力を重ねてこられた選手の方々には申し訳ないのですが、商業的な近代オリンピック、そこまでして開催しなければならないものなのでしょうか。

人の命>>>商業的オリンピックであることは間違いないはずです。


未分類 | コメント:0 |
| ホーム |