時論自論

かみなりがゴロゴロ鳴ると押入れの中で泣いていた子が大人になった日記

予備校動画

少子化による集客目的もあるのでしょうが、「うちの予備校はこんな授業をしてますよ」という、授業の様子をインターネットで見ることができます。



私は予備校には通ったことがないので、高校の授業とはまったく違うその様子を興味半分で眺めることがあります。



もちろん、受験なんて遥か昔のことで、自分にはもう関係のないことなので、距離を置いて見るだけなので、気楽なものです。



いろんな予備校の授業の様子を眺めつつ、予備校というのは、「できない子をできるようにする授業」「分からない子を分かるようにする授業」をするのではなく、「ある程度できる子を今よりもっとできるようにする授業」をするところなんだな、と感じました。



じゃあ、私のように「できない子」はいったいどこで、誰に教えてもらえば「できる子」になれたのかなあ・・・・。



そう思って、もっと昔に遡っていくと、そもそも中学校の授業でさえ、「できない子をできるようにする授業」「分からない子を分かるようにする授業」なんてのはしていなかったように思います。



たまたま私が中学校の授業ではつまづくことがあまりなかっただけ、のことなんじゃないか、と。



小学校で英語が必修になり、次はプログラミングが必修になるようですが、つまづいた子をできるように、分かるようにフォローしていく、という話しは相変わらず全く聞こえてきません。



100人全員に理解させることは不可能でも、95人に理解させることは、教える側のヤル気さえあれば、決して不可能ではないと思うのです。


続きを読む
スポンサーサイト



未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

baby

baby という英単語を見て、「ベイビー」と読む人が大半だと思いますが、より正確には「ベイビ」の方が近いようです。



時計の針をたくさん戻して、中尾ミエ(可愛いベイビー)も、キングトーンズ(グット・ナイト・ベイビー)も、ハッキリと「ベイビ~」と歌っていました。(古いですね・・・・)



が、私の知るかぎり、昭和57年の時点では、忌野清志郎&坂本龍一による「い・け・な・いルージュマジック」では、「ベイベ~」になっており、その頃から、歌の世界では、「ベイビー」ではなく「ベイベー」が主流になったように記憶しています。



ベイビーからベイベーに変えて歌った最初の日本人は誰だったのでしょうか?








続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

コンビニ

コンビニが24時間営業をやめる・・・・そんなニュースがあります。



私が子どもだった頃にはコンビニなんてありませんでしたし、コンビニが登場したときもセブン・イレブンの名前のとおり、朝7時~夜11時の営業でした。



スーパーも夜の8時、9時には閉店していましたし、正月も元旦は閉店しているお店が多かった記憶があります。



その時代は、それが当たり前でしたので、みんなそういう感覚で生活していましたが、ひとたび24時間、365日、いつ行っても開いているコンビニのある生活に慣れ親しんでしまっているのが現状です。



これまで、ありとあらゆるサービスが、「より便利な方へ」と変化してきましが、反対に「今までよりも不便になる」という経験をしたことがありません。



夜中の2時、3時にコンビニを訪れるお客さんはそう多くはないのでしょうが、それでも、いざとなったら・・・・という安心感は多くの人が感じていたことだろうと思います。夜中に運転中、トイレに行きたくなったときなど、24時間営業のコンビニは非常にありがたい存在になっています。



今までよりも不便になるという生活に慣れるのは大変かもしれません。














続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

CAPとHAT

地上波でのナイター中継がなくなったからでしょうか?プロ野球チームの帽子を被っている子どもを見かけなくなりました。



昔の写真を見ると、あの子も、この子も、プロ野球チームの帽子を被っています。



どういう訳なのか?私はクラウンライターズの帽子を被っていました。



どんな選手がいたのか?全く知りませんが、たぶん単純にデザインやカラーリングを気に入って買ってもらったのでしょう。



クラウンライターズ、ご存知ですか?







小学校3年生くらいになると、近鉄バファローズの帽子を被っていました。







近鉄と広島の日本シリーズはテレビで見ていた記憶があり、マニエルという外国人選手がデーゲームのときに目の下に黒いシールを貼っていたのが印象的でした。



特に近鉄のファンだったというわけではなく、むしろ広島ファンでしたが、これもデザインを気に入って買ってもらったのだと思います。



小学校5年生くらいになると、写真の中に、プロ野球チームの帽子を被っている子の姿はほとんどいなくなり、中学校以降はCAPを被ること自体なくなりました。



それから長い年月が経過して、再びCAPを被るようになったのはバイクに乗り出した30代後半になってから。



ヘルメットを脱いだとき、髪がペシャンコになった姿が何とも不格好で、それを隠すためでした。



40代半ばを過ぎて、初めてHATを買いました。俗にいうカンカン帽。



子どもが帽子を被るのをイヤがるので、私が帽子を被ればマネして被るようになるかな?と。



最高気温が30度と予想されるようになり、帽子を被ろうかと思いますが、ドコに置いたか?思い出せません。








続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ランドセル

まだ5月ですが、ランドセル商戦というものが既にスタートしているんだとか。



実際にランドセルが必要になるのは1年近くも先のことなのに、ちょっと早すぎませんか?



腐るものではないので、早く買っても別に問題はないですけど、40年以上前の私の記憶では、年が明けてから幼稚園でランドセルの注文を取り、ほとんどの子が注文していました。



スタンダードなもので7,000円くらい、革が上級になると高いものでも1万5,000円くらいだったと思います。



そんな昔と物価を比べることに意味はないのですが、みんながスタンダードor1ランク上級程度のランドセルを背負って登校する中、ポツンと1人だけ、明らかに安物ではない革の高級ランドセルを背負っていた子は、やっぱり周囲から浮いて見えました。



(なんで、あいつだけ、あんな変わったランドセルなんだ???)



そんな些細なことでも、子どもにとっては格好のイジメの「種」になりますので、一般的なもので良いのでは?と、私は思います。



そんなふうに思うのは、私がセレブな世界にまったく縁がないからでしょうか。








続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

今ごろ変声期

数日前から、急に喉が痛くなり、ついには声を出しづらくなってしまいました。



電話で話すときも、明らかに声の調子がおかしいようで、別人の声みたいだと言われました。



50年近く生きてきて、こういう症状は初めてです。



熱はない感じですし、頭痛もありません。



いわゆる風邪の一種なんでしょうが、花粉症の季節を過ぎたのに、マスクをしているのはちょっと怪しい人のようです・・・・↓



風邪を治す薬はない、ということですので、運動はお休みして体力を温存させることにします。



こういうことがあると、いつの間にか運動することを忘れてしまうのが、今までのパターンです^^;
続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

名誉

いつ、どこで聞いたのか?定かでないのですが、「カネと権力を手に入れた人は最後に名誉を欲しがる」と聞いたことがあります。



いろいろな人の顔を思い浮かべてみると・・・・なるほど、そういうものかもしれません。



○○に○○を寄付しました~と、目録を渡して市長とかと握手している写真を「自分で掲載」したり。(笑)



そんなものは名誉でも何でもないと思うのですが、そういう人にとっては、名誉もカネで買えるモノ、という意識なのかもしれません。














続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

さっそく

事務所は基本的にカレンダーどおりですので、令和になってから今日が最初の日となります。



請求書を作りながら、いきなり「31年」と書いてしまいました。



これから先も、何回か間違えてしまうと思われます・・・・。
続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |