時論自論

かみなりがゴロゴロ鳴ると押入れの中で泣いていた子が大人になった日記

バイク初心者あるある

YOU TUBEで、バイクの立ちゴケ動画を見ていて、自分がバイクに乗っていたときのことを思い出していました。



初めてバイクに触ったのは小学校6年生のときで、父が魚釣りに行くのに中古のスーパーカブを買ってきて、押してみろ!と言われたのですが、あまりの重さにビックリしました。



初めてバイクに乗ったのは中学生のときで、親戚が通勤用スクーターを50cc→90ccに入れ替えたとき、お古の50ccのスクーターをもらいました。アクセルの加減が分からず、グイっと回したら、ウイリーしてビックリしました。



30半ばで教習所に通い、初めて押し歩きしたCB400の重かったこと・・・・こんなに重いの、無理!って思いました。



免許を取って、自分のバイクを買って、もちろん、右と左に一回ずつ、立ちゴケも経験しました。



誰も倒したくてバイクを倒す人はいませんが、慣れないうちは、やっぱりやっちゃうもんです。



1回目の立ちゴケは、ゆるい上り坂のT字路で、一時停止してから左折するつもりでしたが、左折しかけて、(やっぱり右から来る車が通り過ぎるのを待とう・・・・)と、ブレーキをかけたとき、右にゴロンといきました。



いわゆる「握りゴケ」という、初心者あるあるです。



バイクの前ブレーキ(右手)は強力ですので、ギュッと握れば必ずお釣りをもらいますが、そのときにハンドルが真っ直ぐではなく、左右どちらかに切った状態にあると、たいていバランスを崩します。



200kgもある鉄の塊がバランスを崩すと、片足の力だけで持ち直すのは、至難の業で、たいていは抵抗むなしく倒れます。



2回目の立ちゴケは、急な左の上りカーブで、シフトダウンが不十分なままスピードを落としすぎ、曲がりきってアクセルをあけて、プスン!とエンスト→そのまま左へゴロンといきました。



いわゆる「エンストゴケ」で、これも初心者あるあるです。



エンスト=急にバイクが止まる=急ブレーキと同じことですので、曲がっている途中(車体もタイヤも内側に傾いている状態)で急にバイクが止まると、お釣りをもらってバランスを崩します。



私は未経験ですが、よくあるのが、超低速でUターンしているときにエンストしてゴロンしている場面はよく見ます。



センスの良い人を除けば、バイクに乗れば誰もが一度は通る道、でしょう。



40になって、大型バイクの免許を取りに行ったときは、さすがに一度もコケませんでしたが、アンコ抜きされた教習所のCB750でも両足つま先ツンツンでしたので、ちょっとコレは手に余るという感じで、大型バイクを買うことはありませんでした。



大型バイクと一緒にツーリングに行くと、大型バイクの凄い加速に憧れるのも、バイクに乗った人なら誰でも一度はあるでしょう。



手元にある原付二種も、半年くらいエンジンをかけてません。



原付は維持費が安いので、(そのうち乗るかも・・・・?)と思ってキープしてあるのですが、今の生活スタイルではバイクに乗って出かけることはなさそうなので、これを手放すのも時間の問題かもしれません。




続きを読む
スポンサーサイト



未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

夏の終わりの備忘録

いろんなところで紹介されているので、ご存知の方も多いと思いますが、私自身の備忘録を兼ねて、池田高校の蔦監督の言葉を紹介したいと思います。



 今まで野球に勝て勝てとしか言ってこなかったが、あれは嘘や。

 全国制覇する1校を除いて、 みんな負けるが高校野球じゃ。

 高校野球なんてものは 人生の一部や。

 これからの長い人生、 勝ち続けるなんて無理や。

 勝つことよりも負けるときがほとんどや。

 大切なことは、腐らず、生きて、 生きて、生きて、生きのびることや。

 人間、死んだらアカンのや。

 人生はな、敗者復活戦や。

 わしも池田高校を甲子園へ連れてくるのに20年もかかった。

 せやからお前らも、これから負け続けても、頑張れ。



やっぱり教育者(高校の先生)だったんですね。










続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

8月の終わりに思うこと

学校も夏休みが終わりますので、今年も「夏休み明けの自殺」のニュースがあるでしょう。



ハッキリ言って、私は、友達は少ない方です。



気の合う人と過ごすのは何の気苦労もありませんが、気の合わない人とも「それなりに」というのが非常に苦手です。



当時、1クラスに40~45人いましたが、半分は女子ですので、同じクラスになって時間を共有する男子は20~22人くらい。



幸い、それだけいると、気の合うのが何人かいましたので、気の合う人とだけ遊んでました。



それでも、巡り合わせによっては、クラスに気の合う人が誰もいない、ということもあり、私も一度だけ経験しましたが、あれは本当につまらなかったですね(笑)。



もちろん、第一印象は(こいつとは気が合わないだろう)と思っても、話してみたらそうでもなかったりする人もいますし、当時はそれなりに友達づきあいしていたけれども、卒業すれば別に会いたくもないし、話したくもないという人もいます。



今は、当時よりもクラスが少人数化していますので、気の合う人と同じクラスになる確率が下がっています。



今じゃなくて良かった、と思います。



クラスに気の合う人がいなくてつまらなくても、部活だったり、塾だったり、あるいは高校生であればバイト先だったり、あるいは学校の垣根を越えた地域のサークルやクラブだったり、どこか1つでも、気の合う人と出会えれば、夏休み明けの自殺も少しは減るんじゃないかな・・・・と思います。



今はインターネットで会ったこともない遠くの人ともつながることができますので、それでも「ないよりはマシ」でしょう。




続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

教習所

土地には地目があり、建物には種類があります。



宅地、畑、雑種地、山林などが地目であり、居宅、共同住宅、工場、便所などが種類です。



先日、登記簿上の種類が「教習所」として登記されている建物に出会いました。



教習所と聞くと、運転免許を取るために通う場所、というイメージですが、床面積は30平米しかありません。



(うーん・・・・二輪の教習所かな?)

(そんなところに二輪の教習所なんてあったっけ?)



ちょっと気になったので、グーグルマップで調べてみたところ、その正体は「塾」でした。



個人で経営されている、そろばん塾のような感じの建物でしたが、不動産登記法の世界では、これは「教習所」に分類されるようです。



何の役にも立たない知識ですが、1つ物知りになりました。


続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

190000000

先日の甲子園大会で大活躍した金足農業高校への寄付金が1億9000万円に達した、と報道されていますが、日本の人口は1億9000万人もいませんので、ドーン!と寄付した人が心意気のある人がいたのでしょう。



もちろん、決して厚くない財布の中から、決して多くないお小遣いの中から寄付をした人もたくさんいたでしょう。



優勝したのは大阪桐蔭だよ?という声もありますが、毎回、同じような顔ぶれの私立の高校の間で優勝旗があっち行ったりこっち行ったりしているよりは、初優勝が掛かっている公立高校を応援したくなるのは理解できます。



「思い出の好投手」のようなキーワードで検索すると、私が子どもの頃にテレビで見ていた、そしてプロでも活躍したピッチャーの甲子園での姿を動画で見ることができます。



愛工大名電の工藤、池田の水野、高知商の中山、津久見の川崎、尽誠学園の伊良部・・・・当時から明らかに並みのピッチャーではなかったことが分かります。



個人的には、取手二高の控え投手の、上から投げたり、横から投げたりするミラクル投法の柏葉をもう1回見てみたいのですが、残念ながらエースの石田しか発見できませんでした。




続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

チーズ

写真を撮るとき、「笑顔でVサイン」しますか?しませんか?



私は、作り笑顔がとっても苦手で、Vサインも好きではありませんので、人によっては「つまんない写真」ということになってしまうと思います。



ところで、カメラを向けられたら条件反射のようにVサインをしてしまうのは、日本人だけ、と聞いたことがあります。



アルバムを開いたら、どの写真もどの写真も、Vサインをしている写真しかない、というのもどうなんでしょう?
続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

処世訓

私が司法書士として独立開業したとき、見習いをさせていただいた先輩からいただいた言葉の1つに、「いい車に乗ってはいけない」というものがありました。



この仕事は、お客さんからダイレクトに依頼を受けることもあるにはありますが、大半は「紹介」や「指名」です。



そのときに、ベンツやレクサスなどに乗っていると、(あいつはあんなに儲かっているのか。じゃあ他の人を紹介しよう。)という心理が働く、と。



それは一つの真理だと思います。



お客さんから、「ビシっとした身なりで、キレイな車に乗ってないと、信用されないよ?(笑)」と言われることもありますが、それは、私が、そのお客さんより安いスーツを着て、そのお客さんより安い車に乗っているからであって、そのお客さんより高いスーツを着て、そのお客さんより高い車に乗っていたら、違ってくるはずです。



私が独立開業したのは17年前ですが、当時の司法書士会の駐車場に停まっている車は、マークIIクラスが多かった気がします。



県内で1,2を競う大きな、大金持ちの事務所でも、クラウン、マークIIクラスだった記憶があります。



今、司法書士会の駐車場には、プリウスやアクアが多いのですが、ベンツ、BMW、アウディといった高級外車が停まっていることも珍しいことではなくなりました。



当時と今とで、この業界、どちらの景気が良いか?といえば、当時の方が今よりも圧倒的に景気が良かったのは明らかで、今は不景気なはずなんですが・・・・。



子どもにもお金がかからなくなったし、住宅ローンも払い終えたから、最後に外車でも・・・・というのであれば分かりますが、そうではなく、まだ「中堅」と呼ばれる年代で高級外車に乗る人が増えました。



たくさん仕事をして、たくさんお金を儲けて、それで高級外車に乗るのは、もちろん本人の自由ですが、17年前と比べて「何か」が変わったようです。



私の同級生に、会社を経営していて、ベンツのSクラスの一番高いのを買ったのが2人いましたが、どちらも数年で「どこにでもある国産ハイブリッドカー」に乗り換えました。



どちらの会社も景気は良いようですので、商売が上手くいって、嬉しくなって、つい買ってはみたものの、仕事をもらう取引先の社長よりいい車に乗っているのはマズイ・・・・と気がついたのではないでしょうか。



私は先輩の言葉が正しいと思っていますので、これからも「中古の国産車」です。(笑)






続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ビンビン

 祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。

 沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。

 おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。

 たけき者も遂にはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。



おそらく一度は読んだり、聞いたりしたことがあると思われる、有名な平家物語の冒頭ですが、学校で古文の時間に読むのと、オジサンになってから読むのとでは、言葉の重みが違います。



盛者が盛者であり続けたことがないことは、人類の歴史が証明しています。



「盛者必衰の理」・・・・ビンビン伝わってきます。
続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

天然物

お盆に入ったので朝の通勤がスイスイです。



お盆の時期に仕事なんてないのですが、金融機関や裁判所はカレンダー通りですので、私も同じ。



いつもより遅めに事務所にやって来て、コーヒーを飲んでいたところ、「抹消登記1件」の電話が掛かってきました。



いくらでもない仕事ですが、やはり事務所は開けておくものですね。



昨日、母が草むしりをしていたところ、草の根元からこんなのが出てきました。







子どもたちには人気のないカブトムシのメスです。



ツノがないので、持ちにくく、持つとトゲトゲの足で引っかかれて痛いです。



カブトムシは夜行性ですので、夜にどこかから飛んで来て、草の根元に潜んでいたのでしょう。



小さいので、幼虫時代の栄養状態があまり良くなかったものと思われます。



木に付けてやったところ、飛んでまた地面に戻ってきてしまいましたので、植木鉢の中へ逃がしました。



この辺では、ブータン、ブーチンと呼んでいますが、これも地方によって差がありそうです。
続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

毎度おなじみの映像

今年も成田空港は出国ラッシュのようで、大きなキャリーバッグを転がしている家族連れの映像が流れてきます。



が、あの映像のような家庭って、日本の中でどれくらいの割合を占めているのでしょうか?



もし、あの映像のような家庭が多いならば、こどもの医療費を無償化する必要はないし、高校の月謝を無償化する必要もないし、返済不要の奨学金制度を作る必要もないし、保育施設を増やす必要もない、ということになるはずです。



経済的に裕福な家庭が多いということになるのですから。



少なくとも私には、この一番高いシーズンに家族全員で海外旅行に行くなんていう経済的な余裕はまったく!ありません。



残りの人生をどうやって逃げ切るか?しか考えられません。
続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>