時論自論

かみなりがゴロゴロ鳴ると押入れの中で泣いていた子が大人になった日記

セクハラ30周年

セクシャル・ハラスメントというカタカタ言葉が広く知られるようになったのは、平成元年だったようで、その年の流行語大賞みたいなものになっていました。



同じ年の流行語として、「デューダする」「オバタリアン」「24時間タタカエマスカ」がありましたので、バブル経済が膨らみ切った頃、ということになります。



当初は「性的いやがらせ」と訳されていたのを覚えており、女性のいる職場の壁に、ビールのキャンペーンガールのビキニ姿のポスターを貼ったりすることがコレに当たる、とか、昼休みの時間に女性の近くでエロ本を広げることがコレに当たる、とか言われていました。



今ではもっと幅広く解釈されており、相手(主に女性)が性的に不快と感じることは、おしなべてセクハラと認定される傾向にあります。



デューダも、オバタリアンも、24時間タタカエマスカも、もはや死語となっていますが、30年経ってもセクハラだけは消えていないですね。




続きを読む
スポンサーサイト



未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ご当地ナンバー

軽自動車であっても、東京オリンピック特別仕様ナンバーにすれば白いナンバープレートにできるということで、よく見かけるようになりました。



これに加えて、この4月からは、ラグビーワールドカップ特別仕様ナンバーというのも認められたそうで、これも軽自動車でも白いナンバープレートになるそうです。



どちらも寄付金の有無によって絵柄が変わるのですが、どういう訳か?寄付金「なし」の方ばかり見るような気がします。(本末転倒では?)



以前から、原付バイクのご当地ナンバーというものがあり、私が原付バイクを登録したときは、普通のナンバープレートは選ぶことすら出来ず、強制的にご当地ナンバーになりました。







佐倉市のナンバープレートはルパン三世







練馬区のナンバープレートはメーテル







税金の無駄のような気もしますが、個人的には新田義貞じゃなくてメーテルのナンバープレートに変えてくれると嬉しいです。








続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

グリスアップ

先日の朝、ハーレーに跨った同級生(女性)とすれ違いました。



そして、思い出しました。



(そういえば自分もバイク持ってたんだっけ!ナンバーはピンクだけど!(笑))



半年ぶり?1年ぶり?くらいにエンジンを掛けてみました。



バッテリーすら付いていないので、ペダルをキックしてエンジンを掛けるのみ!



気温が高くてガソリンが霧化しやすかったからでしょうか・・・・4回目でエンジンが掛かりました。上出来です。



とりあえず、昔は車で走った近所の山道へ。







・・・・ダメです。



勘が鈍っていて、こんな小さいバイクなのに思ったように傾けることができません。



(もうオマエはいい歳なんだから、やめとけ!)ってバイクに言われてしまったようでした。







とりあえず、バイクも私もあちこちグリスアップしなきゃダメってことだけは確かなようです。












続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

春ですね

要領を得ない電話がかかってくるようになると、春なんだなって思うようにしています。



・私の中に誰かが入ってくるのを止めさせたい。誰が入ってくるのか調べてほしい。



・ラジオ放送で私の悪口を言っているので訴えたい。



・私がお風呂に入っているところをテレビ局に撮影されたので訴えたい。



・私が音楽を聞いていると、近所の家がすぐに110番をして警察が来る。そういうことを止めさせたい。



・債務整理をしたらカードが使えなくなった。お前のせいだ。整理、整理って、お前はそんなに女の生理が好きなのか?おまえみたいな変態に頼まなければ良かった。おまえに損害賠償を請求する。



精神科の医者の話しでは、どれも「本人にとっては本当のことなので、否定しても何の解決にもならない。」ということだそうですので、少し電話の話しに付き合うことにしています。



言いたいことを言ってもらってから、「裁判には証拠が必要で、証拠がない裁判は負けます。お金をかけて裁判しても負けちゃいますよ。」と言って、相手に電話を切ってもらうようにしています。



ただ、およそ話しが途中で何度も変わる傾向があり、カードの話しだったのが、犬の話しになったり、震災の話しになったりして、なかなか終わらないのが大変です。



「大変だね」と言われることもありますが、もう慣れっこです。



ちゃんと薬を飲んでいるのか?



薬を飲んでいても春はダメなのか?



そっちの方が気になります。


続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

赤い一等星

冬の星座といえばオリオン座ですよね。



左上に赤いベテルギウス、右下には青いリゲル、真ん中に三つ星、です。







この赤いベテルギウスが今にも星としての最後を迎えつつあり、超新星爆発を起こすと言われています。



超新星爆発を起こす前に星は膨張しますが、今、ベテルギウスの大きさはこれくらいまで膨張しているそうです。







どうです!(笑)



あまりの大きさにビックリしちゃいますよね!



そして、このベテルギウスが超新星爆発を起こすと、満月よりも100倍!以上の明るさで輝き、昼間でも輝いて見える!なんて予想されています。



日本では平安時代に超新星爆発が観測されたことをうかがわせる古文書があるようで、どれだけ明るかったのか分かりませんが、それを見た当時の人は何を思ったのか?あるいは何とも感じなかったのか?興味があります。



もし、私がそんな空を見たら、人生観が一変してしまうかもしれません。



世界のあちこちで、神や救世主を名乗る人が出てくるかもしれませんよ?



星を眺めるのが好きな私でも、そんな光景は見たくないというのが正直なところです。




続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

後ろ指

新潟の知事さん、辞職表明しましたね。



世の中、愛人を囲っている医者や弁護士、会社社長などはいくらでもいますし、不倫でもないし、相手が18歳未満だったわけでもないし、世の中にいくらでもあることで、ニュースから窺う限りでは、法的にも問題ないと思われます。



もちろん、「良いこと」だなんて言うつもりはありませんけど、知事公邸に女性を連れ込んでいることが発覚しても、平気な顔をして今でも知事を続けている人だって、ここ群馬県にはいるわけでして。



政治資金という国民の血税を、私的に流用していたことが発覚しても、秘書が責任を被る形で、平気な顔をして国会議員を続けている人だって、いくらでもいます。



妻がいる男性と不倫関係にあったことが発覚しても、平気な顔をして今でも国会議員を続けている人だって・・・・あの人や、あの人や。



下着ドロボーで逮捕歴があると騒がれても、全然動じない国会議員もいましたね。



憶測であれこれ語るのは良いことではありませんが、灘高校→東大理三→片手間に勉強して旧司法試験にも合格というものすごい経歴の持ち主ですので、守りに回ると打たれ弱い人だったのかな?



いやいや、選挙で何度も落選していますので、負けることも十分に知っていた人のはず。



じゃあ、なぜ・・・・?



・・・・後ろ指を指されながら知事を続けることに耐えられなかったのかな。



ミラーマンと呼ばれた経済学者も、表舞台には出てきませんが、有料ブログ、本の執筆、講演活動などを続けられているようです。



せっかく超優秀な頭脳をお持ちなのですから、政治の世界を離れても、その超優秀な頭脳を世の中のために役立てて欲しいと思います。



もっとも、政治家でもなく、弁護士でもなく、医者でもない、という立場になりますけどね。






続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

学費<生活費

子どもを大学に通わせるのにお金が掛かる世の中で、奨学金=悪という風潮になっていますが、卒業までに学費が数千万円もかかる私立の医学部・歯学部・薬学部・獣医学部などでない限り、学費そのものでみれば、受益者負担の範囲内にあって、むしろ4年間、自宅を離れて暮らす「生活費」の負担の方が大きいので、そっちをなんとかする方が先なのでは?というのが私の考えです。



私が大学生だったのは平成2年4月~平成6年3月まででしたが、当時、4年間の学費は300万円になるか、ならないか、でした。(国公立大学であれば、その6割くらいだったと思います。)



もちろん、それでも高いので、学費値上げ反対運動もやっていましたし、私は4年間風呂なしのアパート(最初はトイレも共同でした)で暮らしましたし、アルバイトもしました。



最初に住んだ杉並区荻窪のアパートは、風呂なし・共同トイレ・6畳1間で家賃が3万3000円でした。



次に住んだ中野区野方のアパートは、トイレが付きましたがが風呂なしで、太陽の光は1日30分くらいしか当たらず、それで家賃は4万1000円でした。



今と違って、パソコンも携帯もない時代で、銭湯も1年生のときは300円弱でしたが、それでも1ケ月に10万円では大学生らしい生活は無理で、12~13万円くらいないと厳しかった気がします。



今は、風呂なしのアパートなんて探すのも大変でしょうし、パソコンもスマホも必要でしょうから、15万円くらい必要なのかもしれません。



毎月5万円をバイトしても、10万円足りないわけで、10万円×12ケ月×4年間=480万円となり、明らかに「学費」よりも「生活費」の方が高くなってしまうことになります。



学費<生活費 これは変だと思います。



みんな熱心に講義を受ける予備校の授業でさえ、サテライト教室→オンデマンド配信へと様変わりしつつあるのですから、大教室でボーっと話しを聞く大学の講義を受けるために、学費よりも高い生活費が必要になるっていう現状は何とかすべきなんじゃないでしょうか?



私は、どんなサービスであれ、自らの意思で受けるサービスである以上、「税金を入れてタダにすればいい」とは思わず、「受益者負担」こそ正しいあり方だと思う立場ですが、そういう動きが全く耳に入ってこないところからすると、やっぱり私は少数派、異端なんでしょうね。




続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

鯉のぼり

近所で大きな鯉のぼりを立てている家を見ました。



ごく普通の一軒家ですが、庭にポールを立てて、3mとか4mとかの鯉を泳がせてる家って、最近はほとんど見かけなくなりました。



私の部屋のクローゼットの上の方に、鯉のぼりの残骸(吹流し、真鯉、緋鯉)があります。



これは、私が生まれた年に、母方の祖父が買ってくれたもので、小学校入学前に父が家の前に工場を作り、鯉を泳がせる場所がなくなってしまって以来、ずーっと物置の中で埃を被っていましたが、15年くらい前に、ふと思い出し、近所の川まで持って行って、川の中で鯉を泳がせて埃を落とし、乾燥させて保管しました。



あっちこっち、ビリビリと裂けていて、鯉のぼりとしては使い物にならないでしょうが、どうしても捨てられません。



「ヨイトマケの唄」という歌がありますが、戦争から帰ってきても土木作業くらいしか仕事はなく、母からは「土方の子」とからかわれながら育ったと聞きました。



雨が降ろうが、風が吹こうが、いつだって「自転車」に乗って工事現場まで仕事に行っていました。



ここから利根川くらいまでの距離を毎日自転車で通勤していました。



あまりに北風が強い日は、仕事仲間が軽トラックの荷台に自転車を積んで家まで送ってくれたこともあったようですが。



そんな祖父が、なけなしのお金をはたいて買ってくれたものを捨てられるわけがありません。



捨てても祖父は怒ったりしないと思いますけど。



今だったら、教習所に通うお金を出してあげたり、安い軽自動車の1台も買ってあげられるのですが・・・・。



母からは、誕生日には髪につけるリボンを1つ買ってきてくれたのを覚えている、と聞きました。



本当にお金がなかったんだと思います。



そんな祖父が、いったいどんな思いで、あの鯉のぼりを買ってくれたのか?を考えると、涙が出てきます。



涙もろくなってきたのは歳のせいでしょうか。












続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ポチャン

スマホをトイレに落としてしまいました。



(やっちまった・・・・)



とりあえず手を突っ込んで取り出し、フタを開けて、バッテリーやらSIMカードやらを取り出し、水分を拭き取り・・・・。



パソコンで対処法を調べてみると、「よーく乾かしてから電源をONにすればだいたいOK」というようなことが書いてありました。



水に濡れただけで壊れるのではなく、乾き切っていない状態で電源をONにすることで、ショートして壊れる、ということのようです。



ダメ元で、日光の当たる場所で1日放置したところ、普通に起動しました。



意外と壊れないものですね。






続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

にゃ~ん

出来立ての、あつあつの状態。



料理の美味しさを表現する言い回しですが、とにかく熱いものが苦手な私には「余計なお世話」「ありがた迷惑」です。



温めなくても食べられるものは、そのまま食べます。



コンビニで弁当を温めてもらうことはありません。



そもそも「お弁当」というのは、冷めているのが当たり前、と考えますので、いわゆる「ほか弁」というのは、私にとっては邪道です。



から揚げでも、掻き揚げでも、カツ丼でも、スパゲッティでも、温めずにそのまま食べるのが一番美味しいです。



困るのが、「ラーメン食べていこう!」と言われたとき。



どういうわけだか?ラーメン屋で出てくるラーメンは、十中八九「激アツ」です。



量の多い・少ないは選べても、熱い・ぬるいは選べません。




続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |