時論自論

かみなりがゴロゴロ鳴ると押入れの中で泣いていた子が大人になった日記

ドラレコ

ドライブレコーダーが飛ぶように売れているそうですが、私は1年以上前に取り付けました。



フロントガラスの一番上に吸盤で取り付けるタイプですが、やっぱり後付け感があり、取り付け位置によっては視界に入ってしまうのが残念なところです。



映像だけでなく、音声も録音されますので、前に停まった車から人が下りてきて脅されたとか、車を蹴飛ばされたときに出た音なんかも記録してくれます。



もちろん、人の顔もはっきり映りますし、車のナンバーもはっきり映ります。



何を言われても、何をされても、「今は証拠を保存しているんだ!」と自分に言い聞かせることができれば、ケンカになることも少ないと思います。



ケンカっていうのは、売る人がいて、買う人がいるからこそ成り立つものです。



事務所の電話もボタン1つで内容を録音できるようにしていますし、事務所の壁には防犯カメラで、これもSDカードに記録されます。



大袈裟に感じる人もいると思いますが、自分の身は自分で守ることが大事で、そのためには証拠を残すということが大事と考えます。



ちなみに、私が取り付けているドライブレコーダーはパパゴという海外(アジア?)メーカーのものですが、画質・画角ともにピカイチです。



少し前には、そんなことは考えもしなかったのですが、物騒な世の中になりました・・・・。
続きを読む
スポンサーサイト



未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ザ・グンマー

衆議院議員・選挙区

1区 尾身朝子(2世・自民)

2区 井野俊郎(-・自民)

3区 笹川博義(3世・自民)

4区 福田達夫(3世・自民)

5区 小渕優子(2世・自民)



参議院議員・選挙区

中曽根弘文(2世・自民)

山本一太(2世・自民)



この他、今回の衆院選の比例区で中曽根康隆(3世・自民)も当選しました。



理由は分かりませんが、グンマーの有権者は自民党の2世・3世が大好きです。



ボロ負けしましたが、田中角栄にケンカを売った野坂昭如のような破天荒な人物、出てこないでしょうか・・・・。



政党公認候補でないと政見放送も流してくれないんじゃ無理なんでしょうね。


続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

掘っ立て小屋

東の畑に、単管パイプを組んでトタン板を貼っただけの農機具小屋があり、台風が来るたびに、強風で吹き飛ばされるんじゃないか?と思うのですが、もう10年以上、建ち続けています。



コンクリート製の基礎が打ってあるでもなし、本当に畑の土にパイプの足を埋め込んであるだけで、外壁のトタンもあちこちに隙間が空いていて、強風が吹き込めば分解してしまいそうな小屋なんですけど、これがなかなか強いです。



昭和41年頃のことだと思いますが、父がここに家を建てたら大きな台風が来て、雨戸(木戸)が飛ばされてしまい、何十メートルも離れた畑の中で見つけた、という話しを聞かされたことがあり、そのときは、近所の農家の裏に生えている大きな松の木がバタバタと何本も根っこから倒れたんだとか。



造りがしっかりしているということと、風雨に強いということとは、もしかしたら違うのかも?



・・・・いやいや、あの小屋はいつか絶対に飛ばされますって。








続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

性分

生活保護を受けている人から破産申立書の作成を依頼されることはままあります。



生活保護を受けている人は基本的に移動手段がありませんので、こちらから何度も訪問することになります。



場合によって審問期日に裁判所まで車で乗せていくこともあります。



これまでで一番難儀したのは、耳が不自由で言葉を話せない方から依頼を受けたときでした。



手話通訳のできる人に立ち会ってもらって、聞き取りを進めていくのですが、かなり時間がかかりました。



日本語をあまり話せない日系外国人の方から依頼を受けたときも、なかなかハードでした。



今、引き受けている案件の中にも生活保護受給者の方は何人かおられますが、脳梗塞で倒れて言葉を話せなくなってしまった方がいて、難儀してます。



どこぞの弁護士さんが引き受けていたものの、連絡も意思疎通もできないので辞任してしまったようです。



言葉を話せないので、電話をかけることはできません、というか、そもそも電話を持っていません。



手紙を書いても返事は来ないので、こちらから車で20分くらいかけて訪問してみて、在宅していればラッキー、そんな感じです。



しかも脳梗塞の後遺症で、これまでの記憶があまりなく、どういう生活をしていたのか?何がきっかけで借金をしてしまったのか?どういう経緯をたどって借金が増えてしまったのか?ほとんど聞き取ることができません。



「無理です。できません。辞任します。」と言って放り投げてしまうのは簡単なのですが、どういう訳だか、そういうことはしたくない損な性分です。



後になって、「あのときは苦労したなぁ~」という話しをしたいだけなのか?もしれません。



ヤツは面倒くさい手のかかる仕事からは逃げちゃうんだよ、と言われたくないだけなのか?もしれません。



そもそも給料のない自営業には全く不向きな人間ということだけなのか?もしれません。
続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

どうでもいいけど、気になること

総理大臣の安倍さんですが、記者会見をするとき、アメリカ合衆国のことを必ず「米国」と言いますね。



アメリカ(米)、イギリス(英)、フランス(仏)、ドイツ(独)、イタリア(伊)、オランダ(蘭)、スペイン(西)・・・・いろいろな国の名前に、昔の日本人が勝手に漢字を当てはめただけですが、今まで安倍さんがイギリスのことを英国、フランスのことを仏国と呼んでいるところを見たことがありません。



なのに、アメリカだけはアメリカと呼ばずに「米国」と呼ぶんです。



ニュースで安倍さんの記者会見を見るたびに、気になって仕方がありません。



彼がアメリカだけを「米国」と呼ぶ理由、意味をご存知の方がいたら、ぜひ教えて下さい。


続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ヌシ

気づけばキンモクセイの花が咲いていました。



もうそんな季節なんですね。



我が家にもキンモクセイの木が1本あり、私が生まれる前からあった先輩です。



ですので、50年くらい、ここで根を張っていることになります。



松の木、桃の木、栗の木、柿の木、柘植の木、イチョウの木、白樺、シュロ、ザクロ・・・・いろんな木があったのですが、父が仕事場を作ったり、車が増えたり、家を建て替えたり・・・・している中で、みんな切ってしまい、唯一残っているのがこのキンモクセイです。



母が嫁いできたとき、既にあったそうで、母曰く「この木はこの家のヌシだ」と。



日当たりが良いせいか、枝葉を茂らせますので、その度に切っていますが、根っこから切ってしまおう!という人は誰もいません。



たぶん、この先もずーっとここで根を張っていくと思います。




続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

つりど

近所に「つりど」と呼ばれる場所がありました。



たぶん、昔は吊り井戸があったんだと思います。



「つりど」には大きな木が一本生えていて、よくクワガタを捕まえました。



また、「つりど」には農業用水が流れていて、一面真っ赤になるくらいアメリカザリガニがいました。



アメリカザリガニなんて、文字通り履いて捨てるほどいたものですが、最近ではあんなものをペットショップで売っているそうです。



先日、妻の実家へ行ったとき、近所の田んぼを散歩していたところ、用水路にタニシを見つけました。







これもかつてはそこら辺の用水路にいくらでもいましたが、最近は見かけなくなりました。



他に何かいないかな~と探すと、いました。











もしかしたら、「いる場所」に行かなくなっただけで、ずーっと連中はそこにいるのかも?しれません。



こんなに小さいくせに、人に対してファイティングポーズを取るって、かなり気合が入っています。



そうそう、父はザリガニのことを「エビガニ」と呼んでいましたが、友達でエビガニって呼んでる子は誰もいませんでした。



ある年代を境に呼び方が変わるのかもしれません。


続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

刷り込まれそう

ここ何年かのことだと思いますが、あっちの郵便局へ行っても、こっちの郵便局へ行っても、朝から晩までガン保険のビデオがエンドレスで流れていて、刷り込もうとしているようです。



自分の会社で、自分のところの商品を宣伝して何が悪い?と言われてしまえばそれまでですが、やや過剰な感じがします。



待っている間、ずーっとアレを聞かされていると、それだけで病気になってしまうような・・・・。



私だけですかね?








続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

タップボルト

今年の春、自分で原付バイクのオイル交換をして、ドレンボルトを閉めていたところ、クルっとイってしまいました。



よく言われるのが、手ルクレンチでバカヂカラを出して雌ネジを壊す、ということですが、普通に閉めていって、最後にクイっと閉め付けようとしただけで、イってしまいました。



2005年くらいの年式で、もちろん中古ですが、私が買ったときからキャブのガソリンドレンボルトもナメかけていましたので、前のオーナーさん、結構チカラワザが得意な人だったんろうなーと思います。



近所のバイク屋へ修理を依頼して、1サイズ大きなネジ山を切り直していただいたのですが・・・・オイル漏れの症状は治っていませんでした。



コレでも漏るならば、クランクを割るという作業が必要になり、6万円~というお話しでしたが、最後にタップボルトという商品を試してみました。



オイルを入れて1日放置してみましたが、ボルト周りにオイルは全く漏れていませんでしたので、エンジンをかけて近所を走ってみました。



バッチリです。



ボルトとしては高めで、1本1000円以上しますが、これでクランクを割る必要がなくなったので、結果オーライです。



ついでに、バイク屋で教えてもらったオイルコックチェンジャーという部品も付けてみました。



こっちも全くオイル漏れなし。



もちろん、どんな場合でも治るわけではないでしょうが、タップボルト、試してみる価値ありますよ。
続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |