時論自論

かみなりがゴロゴロ鳴ると押入れの中で泣いていた子が大人になった日記

2つの田んぼ

お彼岸も過ぎ、あちこちの小学校では運動会の練習真っ盛り、稲刈りの時期も近づいてきました。



よく見てみると、今は案山子が立っている田んぼって非常に少ないのが分かりました。



赤と銀のテープを張り巡らせている田んぼも全く見かけなくなりました。



スズメには効果がなかった、ということなのでしょうか?



先日、信号待ちをしていたところ、スズメが一斉に田んぼに降り始めました。



右の田んぼは、稲の葉が黄色く枯れ始めている田んぼ。



左の田んぼは、稲の葉がまだ青い田んぼ。



不思議なことに、何十羽というスズメが一斉に降りたのは、左の田んぼだけ、でした。



味が違うのか?固さが違うのか?



スズメにしか分からない違いがあるんでしょうね。








続きを読む
スポンサーサイト



未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

住民票の写し等の交付の制限

家庭内暴力やストーカーの被害者は、一定の手続きを踏むことによって、「加害者から」住民基本台帳の閲覧、住民票・戸籍附票の写しの交付請求があっても、市区町村役場に制限・拒否を求めることができる、という制度があります。(詳しくは総務省のHPに載っています。)



しかし、この制度は、「加害者から」の閲覧・交付請求を制限・拒否できるだけで、正当な理由のある第三者からの閲覧・交付請求まで制限・拒否できるわけではありません。



AさんはBさんからストーカー被害に会い、市区町村役場に対してこの手続きを取っていれば、「加害者」であるBさんが、閲覧・交付請求をしても、認められません。



しかし、AさんはストーカーBさんから逃げるとき、第三者Cさんからお金を借りたまま、連絡先も教えないで引っ越してしまったとすると、お金を貸した第三者Cさんとしては、市区町村役場からAさんの住民票の写しなどを交付してもらえない限り、債権回収ができなくなってしまいます。



さすがにそれでは困るので、Aさんの債権者である第三者Cさんは、借用書や訴状を見せることで、Aさんの住民票の写しなどを交付してもらうことができます。



これは相続についても当てはまります。



法務省が調査したところ、50年以上、登記簿の所有者に変更ない土地は、大都市部で6.6%あり、中小都市・中山間地域では26.6%もあった、ということで、一つの社会問題になっています。



50年以上登記簿の所有者が変更されていない土地の大部分は、相続登記手続きが済んでいない土地だろうと察しが付きます。



相続登記手続きをするには、相続人の資格を持った人「全員」で遺産分割協議を行う必要がありますが、あまりに時間が経過してしまっていると、そもそも相続人が自分の他に誰がいるのか?分からないことは珍しくありません。



遺産分割協議を行うためには、自分以外の相続人「全員」の住所・氏名を把握する必要があり、そのためには住民票の写し等を交付してもらうことが絶対に必要になります。



先の例で、ストーカー被害者のAさんが、この手続きを取っていたとしても、相続の当事者であるDさんは、ストーカーの加害者Bさんとは別人ですので、何の問題もなく、正々堂々と市区町村役場に対して、戸籍類を示して、同じ相続人であるAさんの住民票の写し等を交付してもらうことができます。



ですが、このことをよくご理解されていない方がいるのも事実です。



2年前、遺産分割調停申立書の作成を依頼されましたが、戦前にお亡くなりになっており、家督相続人もいないため、相続人は軽く50人以上いると思われる事件がありました。



一部ですが、依頼人本人が自分で集めた戸籍もあり、全部調査して、現時点での相続人全員を特定するまでに1年くらいかかりましたが、その中の1人について、この手続きを取っている人がいました。



もちろん依頼人は面識もない人ですので、役所の担当者からは「取扱に注意して下さい」という一文とともに何の問題もなく、住民票等の写しを交付してもらえましたが、いざ、遺産分割調停が始まって、家庭裁判所から調停期日呼出状が届いたことで、クレームを寄せられました。



曰く、「お前が住民票の写しを騙し取った」「他の相続人に住所を知られた」「民事で訴える」と。



私は、「家庭裁判所に遺産分割調停申立書を作成して提出するために必要であることを説明して交付してもらったものですし、それは司法書士として正当な業務行為であり、実際にその家庭裁判所に提出した以外には使用していませんので、何の問題もありません。」と説明を試みましたが、テメー・コノヤローといった口調でご自分の言い分だけをまくしたて、まるで話しになりません。



30分近く、「訴える」「何百万かかっても訴える」と繰り返すばかりでしたので、「どうぞお好きなようになさって下さい」としか言いようがありませんでした。



気苦労の多い仕事です。




続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

スズキのジムニー

私が最後に買う車は「スズキのジムニー」と決めています。



定年して、外車やオープンカーを買う人もいるようですが、私は違います(笑)。



釣りが唯一の趣味だった父は、生前、「歳を取ったら、スズキのジムニーを買って、いろんなところへ釣りに行きたい。」と言っていました。



が、結局、その夢(?)を叶えることなく、60歳で死んでしまいました。



まだ子どもだった頃、父に連れられてあっちこっち魚釣りに行きましたが、父が釣りに行くのは、山の奥にある沼のようなところが多く、グチャグチャにぬかるんだ道を軽バンで突き進んでいくことが多かったのを覚えています。



私は体の問題もあってトイレのないところには行けませんので、もう釣りはしませんが、あと10年くらいして、父が死んだ年齢に近づいた頃、スズキのジムニーを買っていろんなところへ行ってみたい、何となく父が考えていたことを感じることができるかもしれない・・・・そう思っています。



来年あたりに新型が出るそうですが、新型を出せば20年くらい作り続ける、売り続けるのがスズキのジムニーです。



スズキ自動車さん、どうかそれまで頑張ってジムニーを作り続けて下さい。



お願いします。



決して仲の良い親子ではありませんでしたが、早くに死んでしまったため、いろいろと思うことがあります。






続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ねんきん定期便

定期的に送られて来る「ねんきん定期便」という郵便物。



今まで一度も開いて見たことはありませんでしたが、暇だったので見てみました。



老齢基礎年金(加入実績に応じた年金額)として、「年額」で38万6402円と書いてありました。



これを1ケ月にしてみると、3万2,200円ということになります。



私の場合、会社を辞めてから、アルバイト生活をしていた時期があり、その間は払いたくでも払えない状況でしたので、他の人よりは少し少ないだろうとは予想していましたが・・・・。



あくまでも「現時点」でのもので、これからも国民年金保険料を払わされ続けていくはずですので、最終的には6万円台に到達するのでは?と想像していますが、それでも1ケ月6万円では、絶対に生活できませんよね。



介護保険料だとか、後期高齢者なんとかだとか、いろいろ引かれるわけですので。



公務員の共済年金は月に20万円以上もらえるそうですが、この差はいったい何なのか?



もちろん、国民年金なんてアテにしていませんので、それなりに策は講じていますが、国の考え方として、「自営業は死ぬまで働け。」というものであることがよ~く分かります。




続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

10万円

i-phoneの新機種、10万円もするそうです。



スマホは、「通話もできるモバイルパソコン」と化しており、通話が主だったガラケーとは全く似て非なるモノですが、それにしても「高い!」と感じます。



若い人ほど新機種や新型、新製品に関心を持ちますが、若い人ほどお金を持っていないので、売る側としては、(どうやって買わせるか?)を一生懸命に考えることになるはずです。



なるべく壊れないように作る、壊れても修理しやすいように作る、長く使ってもらえばもらうほど嬉しい・・・・かつて、モノづくりはそういうものだ~なんて言われていましたが、それでは商売にならないってことなんでしょうね。



自分の仕事を振り返って、(どうやって、あの事務所から仕事を自分のところへ切り替えさせるか?)なんてことは全く考えないでやって来ました。



これからも同じスタンスでやっていくと思います。



そんなことを言っていては絶対にお金持ちにはなれませんが、自分が納得できればそれで良し、が自営業の良いところだと思っています。








続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

マラソン

私が高校を卒業して大学に入ったのは平成2年で、バブルの最後の最後、崩壊する直前という時期でした。



当時は、「国際」と名の付く学部は、どこも人気が高く、いわゆる「駅前留学」が大流行していました。



大学に入って、何か一つはしっかり身につけよう!と意気込んで手に取ったものがアルクのヒアリングマラソンでした。



法学部でしたが、法律には全く関心がなく、法学部を志望したのは、(文学は好きじゃないし、経済にも興味ないし・・・・法律は知ってて損はなさそう)という消去法です。



もちろん、マラソンは完走することなく途中でリタイア(笑)してしまったわけですが、英語を「聞き取る」というのは本当に難しかったです。



英語を聞き取るのが難しい理由をいろいろ考えてみますと・・・・



1、日常会話では、ヒアリングの試験のように、よく通る声で、ハッキリと発音してくれる人ばかりではない。



 テレビやラジオのニュースでもそう感じますが、男性の低い声は女性の高い声よりもかなり聞き取りにくいです。

 

2、ピリオドやカンマがない。



 英語を文章として読んでいれば、必ずピリオドやカンマが打ってあって、そこで意味が一区切り、文章が一区切り、であることが分かりますが、ベラベラベラベラ・・・・と話されるだけだど、どこで一区切りなのか?が判断しにくいです。



3、文法はテキトーなことが多い。



 英語の文章を読むとき、文法を知っていることは武器になりますので、つい、無意識で、耳でも文法を追ってしまうのですが、日常会話は文法という点では意外とテキトーですので、どこまで続いているのか?どこまでが説明(修飾)なのか?が判然とせず、分からなくなってしまう。



4、二つ、三つとつながった単語を聞き取るのに慣れがいる。



 例えば、WORLD WAR TWO と、文字すると誰でも意味が分かりますが、話す人によって、話すスピードによって、「ぅわーるぅおーとぅ」といった感じに聞こえたりして、(ん??いま何て言った??)になってしまうことが多いです。



あれから27年経ちましたが、カセットテープをデジタル化して、車の中で聞くようにしました。



46になって、全く新しいことにチャレンジする気力はありませんので、せめて唯一の得意科目であった英語くらいはナントカしてみたい・・・・です。
続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

飛んで火に入る夏の虫

だいぶ秋っぽくなってきましたが、昨日の夜、クワガタのメスを2匹見ました。



外灯の光に惹かれて飛んできたのでしょう。



夏。夜になると、光を放っているところへいろんな虫が集まってきますが、何故なんでしょう?



人間が夜に明かりを灯すようになったのは、生き物の歴史という視点で見れば、ごく最近のことです。



ごく最近まで、夜は真っ暗というのが当たり前だった=昆虫たちにとっても夜は真っ暗なものというのが当たり前だった、にもかかわらず、どうして昆虫は人間が放つ光に集まってくるのでしょう?



調べたら、答えは「子供の科学」というところに出ていました。



【夜活動する虫たちは、月を見ながら、月明かりに対して一定角度で飛ぶことで高さや方向を一定に保つしくみを持っているようなんだ。月は地球からものすごく遠くにあるために、自分がいくら動いても月のある方角は変わらず、自分の向いている方向を知るいい目印になる(昼間の太陽の方角と同じだね)。そういうしくみを持った虫たちが人工の灯りを見て、その光の向きに対して一定の角度で飛ぼうとすると、どうなるだろう。月と違って人工の灯りはごく近くにあるから、一定角度を保って飛ぼうとすると結果として、灯りの周りをグルグルとまわりながら近づいてしまうんだ。つまり、虫たちは、人間がつくった灯りを月と勘違いして方向の目印に使ってしまったために、知らず知らずのうちに灯りに集まってしまったわけだね。】



外灯でも、コンビニの看板でも、自動販売機の明かりでも、昆虫たちにとっては、どれも「月」・・・・なるほど、よく分かりました。
続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

国民の声

豊田議員:「引き続き、(議員として)必死で働き続けることで、償っていきたいと思っております。」



国民の声:「ちーがーうーだーろー!違うだろ!」



先日、「国会議員を辞めさせる方法はない」と書いたばかりですが、ホント、その通りになりそうですね。
続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

9月1日

9月1日は「防災の日」として生きて来ましたが、残念なことに今日では「生徒の自殺に注意する日」になっています。



たくさんの著名人が「いじめられている君へ」というメッセージをネット上に公開していますが、やっぱり一番しっくりくるのが「さかなクン」で、以前にもご紹介しました。



「さかなクン」の学生時代は知りませんが、どこからどう見ても、イジメられっ子タイプであることは間違いないでしょう。



鴻上尚史のメッセージも「一部」ですが賛同します。



曰く、「あなたに、まず、してほしいのは、学校から逃げることです。逃げて、逃げて、とことん逃げ続けることです。学校に行かない自分をせめる必要はありません。大人だって、会社がいやになったら、会社から逃げているのです。」と。



最後の「大人だって、会社がいやになったら、会社から逃げているのです。」は、まさにそのとおり。



かく言う私も、大学を出て一度就職しましたが、その会社がイヤでイヤで、会社から逃げて辞めたわけです。そして、「自分でできる仕事」として今の仕事を選び直したのです。



もちろん、世の中の「レール」から、自分の意思で脱線した以上、自分が走るべき「新しいレール」を見つけなければならず、それは簡単には見つからないかもしれませんが、長い人生で考えれば、1年や2年なんてどうというものではありません。



世の中のレールの上を上手に走ってきた優等生だって、大学受験に失敗して1年、2年と遅れをとってしまう人はいくらでもいます。



ずーっと世の中のレールの上を上手に走り続けて来た人だって、会社に入れば出世競争があり、同期より昇進が1年、2年と遅れる人はいくらでもいます。



90歳で死んだ人が、92歳で死んだ人より2年損した、なんて考える人はあまりいないでしょう。



死にたくなるくらいイヤな学校であれば、行かない道を選ぶ方が絶対に正しいです。



イジメっ子のまま大人になった人は、周囲から相手にされない大人になってしまうということも間違いないです。


続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

行政書士 竹尾光弘 架空請求 拡散希望

こんなメールが届きました。





債権移行通知



平成29年9月1日



債権譲渡通知会社(運営会社)

DTI Services, Inc.

(以下「DTI」または「当社」) 

通知人

 ストラテジック・デシジョン・イニシアティブ株式会社

Strategic Decision Initiative, Inc.

     担当行政書士 竹尾光弘



冠省

早速ですが、当職は、債権譲渡通知会社より依頼を受け、行政書士法第1条の3第2項に基づき、本書面を作成しましたので、送付致します。



当社は、貴殿に対し有料コンテンツの未払い金の弁済方法を以下のように定めて貸し渡しました。



すでに相当な期間が経過しているにもかかわらず、貴殿からは未だ全く返済がなされておりませんし、誠意ある回答どころか、居所も明かさず、着信拒否をするなど、現在まで、何らの連絡すらされないままとなっており、当社の善意を踏みにじる、あまりに不誠実な態度であると言わざるを得ず、当社は貴殿に対して、強い憤りを感じております。

有料コンテンツ登録データ、有料コンテンツ使用のデータ等、証拠はすべて揃っております。

つきましては、今般、当社は貴殿に対し、本書面を以って、以下のとおり申入れ致します。

 つきましては、今般、当社は貴殿に対し、本書面を以って、以下のとおり申入れ致します。

【要求】

1 有料コンテンツ運営会社に対しての未払い金を、本書面到着後3日間以内に支払い請求を通知致します。

2 期日の猶予を希望する場合には具体的な返済可能期日を文書にて回答下さい。

3 本件が解決するまでの間、回答や連絡事項はすべて書面のみといただき、電話・メール、手紙、訪問、その他、方法の如何を問わず、直接の折衝はご容赦下さい。



なお、もしも弁済意思があり、分割払いを希望されるという場合には、新たに連帯保証人を用意され、公正証書の作成する、などの適切な保全措置を講じることを条件として、検討する用意があることを付記します。

ただし、上記期間内に送金がなされず、何等の誠意ある回答も頂けない場合には、弁護士に一任の上、訴訟や仮差押え、その他の法的手続に移行する覚悟でおります。

また、訴訟の場合には、別途、遅延損害金や訴訟費用等も付加されることになりますので、ご承知おき下さい。

早々



※ こちらの通知内容に見覚えがない、現状こちらの有料コンテンツのご利用がない方、今後ご利用をされない方、有料コンテンツの登録はしたけれど実際にご利用がない方は会員削除申請を運営会社に提出及び和解申し立て、交渉いただくよう協力いたしますのでお早めにご連絡ください。

                 以上



■■■■■■■■■■■■

お問い合わせ

ストラテジック・デシジョン・イニシアティブ株社会社

Strategic Decision Initiative, Inc.

     担当行政書士 竹尾光弘

電話番号 03-6907-2741

■■■■■■■■■■■■



1、正当な債権回収業者であれば、電子メールなんか「絶対に!」使いません。

 必ず「郵便物」で通知してきます。

 「債権譲渡」の通知は、証拠を残すため、「内容証明郵便」を使うのが一般的です。

 また、「平成何年何月何日、契約番号XXXX号」といった具体的な契約も明記してあるのが普通ですが、いっさい書いてありません。

 なので、すぐに「架空請求」だと分かります。



2、次に、そんな悪い連中と手を組んでいる行政書士が実在するのか?

 日本行政書士会連合会のサイトで氏名を入れれば本物か?偽物か?すぐに調べることできます。

 検索した結果は、以下のとおり。







 はい、こっちでも架空請求であると判断できます。



 司法書士でも、弁護士でも、こういう検索サイトはあります。



3、最後に、「ストラテジック・デシジョン・イニシアティブ株社会社」なる会社が実在するのか?

 これは国税庁のホームページで「会社法人等番号」から検索することができます。

 http://www.houjin-bangou.nta.go.jp/kensaku-kekka.html

 検索の結果、そんな名前の株式会社は実在しないことも分かりました。



未に覚えのない請求が来た場合、架空請求なのでは?と疑って下さい。



疑ったら、電話しないで、必ず第三者へ相談して下さい。



司法書士、弁護士、警察署、消費生活センター、近所の民生委員、区長・・・・どこでもいいです。



不用意に電話してしまうと、相手に通知された電話番号に対して、恫喝まがいのウソの取立てが始まってしまいますよ。



本当は、こういう架空請求をしている業者を警察がすぐに検挙してくれるのが一番良いのですが・・・・。


続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>