時論自論

かみなりがゴロゴロ鳴ると押入れの中で泣いていた子が大人になった日記

ドラレコ

信号無視で切符を切られたことに納得できず、ドライブレコーダーの映像を持って警察署に乗り込んだら撤回された、そんなニュースがありました。



一時停止で、止まった・いや完全に停止していなかった、でモメることがありますが、何を言っても向こうは2人組ですし、認めるまで解放されません。



警察は取り締まりのノルマなんてないと言い切っていますが、大漁の日にはさっさと現場を撤収し、撤収作業をしている横を暴走族みたいな車が通り過ぎても、まるで何も見ていなかったような感じ、そんな場面も見てきました。



やっぱりドライブレコーダーは必須のようです。



ですが、どうして取り付ける場所はフロントガラスの上5分の1の場所に限る、なんていう規則は変わらないのでしょうか?



ダッシュボードに据え付ける後付けのカーナビも、視界を妨げるとかなんとかで、そのままでは車検に通らないと言われ、強引に毟り取られたこともありましたが、フロントガラスの上に吸盤で貼り付けるよりも、ダッシュボードの上に設置する方がしっかりしますし、そんな目くじら立てるほど視界も妨げられないと思うのですが。




続きを読む
スポンサーサイト



未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

真にやさしい世の中

なんだか最近、「文句を言ったもん勝ち」の世の中になっているような感じを受けます。



そうではなくて、自己責任では片付けられない、本当に支援を必要とする人たちに必要な支援が行き届く、そういう世の中であってほしいと思います。








続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

信号機

右折待ちをしているとき、交通量の多い交差点であれば、信号が青→黄色→赤と変わると同時に、右折専用の→が点きます。



これはよく経験します。



が、不慣れな土地で、青→黄色→赤と変わると同時に、←↑→の矢印が点く信号もあります。赤になっている意味があるのか?よく分かりませんが、とりあえず、判断にまごつきます。







また、赤信号で停止しているところ、左折専用の←の矢印だけが先に点く信号もあります。







矢印信号は右折待ち、という思い込みみたいなものがあるので、これも一瞬、判断にまごつきます。



交通事故の多くは交差点で起きるもの。



もうちょっと分かりやすい信号にはならないのでしょうか?



初めての土地でこんな信号に出くわしても、即座に判断できない人が多いと思います。








続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

高尾山

まだ梅雨明け宣言の出ていない先週はじめに、高尾山へ行ってみました。



高尾山というと、TVドラマ「ふぞろいの林檎たち」で、大学生の男3人が彼女欲しさにワンダーフォーゲル部「オリーブ」を結成したものの、高尾山登山当日には中島唱子しか来ず、汗をかきかきケーブルカーに・・・・というシーンを真っ先に思い浮かべるのは、昭和の人間だからでしょう。











山頂まで行きましたが、気温33度の中での山登りは、たいした山道でないものの、汗だくになります。



そして、翌日にはふくらはぎに筋肉痛を覚えるという、いかにもオジサンらしい高尾山登山になりました。



山頂でビールを飲んでいる人たちを見かけましたが、あとは下るだけとはいえ、ビールなんか飲んじゃって大丈夫なんでしょうか?




続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

刷り込み

今の学校のことは知りませんが、私が小学生・中学生までは、授業が始まる前に「朝の掃除」というのがありました。



小学校の朝の掃除の時間、スピーカーから音楽が流れていましたが、どういう訳だか?「太陽にほえろ!」のOPテーマでした。



4時間目が終わって給食の準備の時間になると、これもどういう訳だか?スピーカーからは「西部警察」のOPテーマが流れていました。



そんな生活を6年間過ごしたため、今でも、どこかから「太陽にほえろ!」のOPテーマが流れてくると、(掃除しなきゃ!先生に叱られる!)と思い出しますし、今でも「西部警察」のOPテーマが流れてくると、(マスクをして給食室まで行かなきゃ!)と思い出します。



私だけではなく、同じ時期に鳥之郷小学校に通っていた人であれば、みんなこの曲を聴くと、そんな反応をしてしまうはず!?




続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

リース

仕事をする上で、電話機だったり、パソコンだったりをリース契約している事業所は多いと思いますが、中でもリース契約がいちばん多いのは複合機ではないでしょうか。



私の事務所も複合機はリースです。



リースの良いところは、減価償却の面倒くさい計算をしなくて済む、ということもありますが、問題が起きたときに電話1本ですぐにサービスの人が来てくれる、というところにあると思っています。



パソコンは複数台ありますので、1台が故障しても、他のパソコンで対処する、ということができますが、複合機は1台しかありませんので、これが故障してしまうと、全く仕事にならない、そういう困った状況に陥ります。



先日、パソコンからプリントアウトした際、どうも紙に汚れのような線が出てしまい、どうしたものか?と電話してみたら、その日の午後に飛んできてくれて、ローラーの掃除をしてくれました。



もちろんタダです。



本当に助かります。




続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

職業選択の自由

皇室典範を改正して、天皇の生前退位を認めるのか?について、政府筋の中から認められないという意見も出ているそうですが、私は、かねてから、隠居のような制度があって然るべきと考える立場です。



天皇は神ではなく1人の人間であり、日本国民の1人でありながら、職業選択の自由がありません。



天皇家に生まれ、長男として生まれた、ということだけで、たとえ認知症を発症しようとも、車椅子生活になろうとも、死ぬまで天皇として国事行為を行わなければならない、というのは、やっぱり変です。



政治家のように、自分の意思でやっているわけでもない。



私だったら、ボケてしまって周囲の状況を飲み込めなかったり、おはようございますと声をかけられても反応できずにボーっとしていたり、そんな状況になってまで、死ぬまで国民の目に晒され続けるのは、ごめんです。



天皇制を支持するとか、しないとか、そういうことに関係なく、自分の意思で自分の人生を決めることが許されない人がいる、ということが問題です。



もしかしたら、平和憲法を変更しようとする人たちに対して、今はそんなことよりもこっちをやってくれ、というメッセージなのかも?と思ったりもするのですが、さすがにそれは考えすぎでしょうか。




続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

意味があるのか?ないのか?

昭和の時代の車には、よく見かけましたが、今ではすっかり見かけなくなってしまいました。







役員の車を運転手さんがコレでパタパタしている、そんなイメージがありますが、コレを使うことでどれだけキレイになるのか?謎です。



謎といえば、コレも謎でした。







車に発生した静電気を地面に放電させる?というような触れ込みだったと思います。



私が小学生だった頃まで、当時は金属性のチェーンでしたが、車の後ろにこんなのをくっつけて、引きずりまわしているところを見かけましたが、コレも今ではまったく見かけなくなりました。



上の2つを使うことで、どのような効果があったのか?経験のある方、教えて下さい。


続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

同窓会名簿

先日、高校の120周年記念で同窓会名簿を作成するので巻末に事務所の広告を~という電話がかかってきました。



もちろん、二つ返事でお断りしました。



同窓会名簿というのは非常に怪しいもので、すぐに名簿屋の飯の種となり、いろんな業界へ流れて、いろんな勧誘電話がかかってくる、というのがお約束になっています。



誰が、どこで、どんな仕事をしているのか?を名簿にして売ることに、いったい何の意味があるのでしょう?



どうしても同窓会名簿を作りたければ、業者の手に委ねず、「何年卒業の私、誰々が作っています。」という顔の見える形でなければ胡散臭くてとても信用できません。



そもそも、私、あの高校には、母校愛めいたものを一切感じておりません(笑)。



入学と同時に、朝から晩まで、ひたすら受験数学だけ押し付けられ、同じクラスにいながら1度も話をしたこともない人が何人もいる、そんな学校です。
















続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

飯舘牛

大学3年~4年にかけて、私は法社会学のゼミに所属していました。



ですので、法学部卒といっても、民法や刑法を突っ込んで勉強する、といったことは一切せず(笑)、試験前に模範解答を暗記しただけで卒業してしまいましたので、司法書士試験を受ける!と決めたとき、法学部卒という経歴は全く役に立ちませんでした。



法社会学のゼミでは、飯舘村を調査しました。



平成4年~5年のことでしたので、まだ、飯舘村の存在を国民の99%が知らなかった頃です。



飯舘村は福島県の中で一番人口の少ない村、山村です。



飯舘村は、かつては馬を育てていましたが、牛を育てるようになり、都会の消費者と個別契約をして和牛肉を届ける「ミートバンク事業」に取り組んでいました。



当時、ゼミ生で宿泊させていただいた「やすらぎの家」の写真がありました。今より15kgくらい体重の軽かった当時の私も写っております(笑)。







今、飯舘村のホームページを見ると、ほとんどの施設が「休業中」と書かれています。



宿泊させていただいた「やすらぎの家」にも、モニタリングポストが設置されているようで、空間線量は0.343マイクロシーベルトと表示されています。



あそこにも空から放射性物質が大量に降り注いだ・・・・そう思うと何とも表現できない気持ちになります。



4年次に民宿させていただいたお宅では、飯舘牛の焼肉レストランを経営されていて、その焼肉レストランで美味しい飯舘牛の焼肉をお腹いっぱいご馳走になりましたがが、そのときのことは20年以上経った今でもよく覚えています。



今、千葉県で、飯舘牛を復活させるべく取り組まれているようです。



もう1度、飯舘牛の焼肉を食べられる日がそう遠くないうちにやってくるのでしょう。



そのときには、飯舘牛の牛肉を大人買いさせていただきます。














続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>