時論自論

かみなりがゴロゴロ鳴ると押入れの中で泣いていた子が大人になった日記

100000

先日、私の愛車がついに走行10万kmを迎えました。







やっぱりこの手の瞬間はこの目で確認したくなる、というのが人情です。



自分で交換したところはバッテリーのみ。



壊れるまで乗ってやれ!と心を決めた時点で交換したところは、ウオーターポンプ、タイミングベルト、ファンベルト、そしてプラグ6本。



支障があって交換したところはハブベアリングのみ。



新車から15年、走行10万kmになっても、これっぽっちの部品の交換をしたただけで快調なのですから、国産車は素晴らしい!というところだと思います。



高校生の頃、自動車雑誌に、近所の自動車教習所を退役したニッサン・ローレルが、東南アジアで、教習所カラーのまんま走っている写真が載っていましたが、今の感じでは、まだあと5年は普通に乗れてしまうのでは?という気さえします。



一度くらい外車にも乗ってみたいな~とは思いつつ、「部品はメーカー指定の期限が来たら次から次へと交換するのが当たり前」という発想で作られている外車は、やっぱり怖いです。



ベンツのエアサスが壊れて修理代がウン十万円とか、ベンツを車検に出したらウン十万円とか、そういう話しを聞きますが、その金額に私は恐怖を感じます^^;












続きを読む
スポンサーサイト



未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

多肉植物





ベランダで多肉植物が小さい花を咲かせていました。



名前は知りませんが、サボテンみたいな植物、ということでいいのでしょうか。



が、ここ飛んでくるのは蚊くらいなもので、蜂などの虫が飛んでくるのを見たことがありません。



他に同じ種類の植物は見当たりませんので、残念ながら受粉できないと思います。



少し切ないです・・・・。
続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

物理

物理を勉強したことのない私ですが、ときどき「その手の本」を読んでみたくなるときがあります。



素人向けに書かれた本しか理解できないのですが、本を読めば、理屈として理解することはできても、感覚として腑に落ちないということもあります。



こども電話相談室のようなレベルの話しですが、時速100キロで動いている電車の中でジャンプしても、立っていた場所に着地するのはいいとして、その電車の屋根の上でジャンプすると、やっぱり後ろの方へ飛ばされるんじゃないか?という「感覚」があります。



幅30センチの白線の上を走ることと、100メートル下に激流が流れている川の上に掛けられた、手すりのない幅30センチの橋の上を走ることとは、物理的には同じことでも、感覚としてはやっぱり「別物」です。



時速40キロで走っているトラックの荷台の上から上に向けてボールを投げると、空気抵抗によって少しズレますが、ほぼ同じ位置にボールが戻ってくる実験をテレビで見たことがありますが、そこまでされても「感覚」として腑に落ちない私は極めて疑い深い人間なのかもしれません。




続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

1日200円

ある自治体が「給食費の滞納を3ケ月続けた場合は給食を出しません」と通知したところ、滞納者43人中40人が支払いの意思を見せたそうです。



給食費の平均値がいくらなのか?は知りませんが、ここ太田市の発表では、小学校4,000円、中学校5,300円となっていますので、祝祭日が1日もない6月を例にとって計算すると、小学校では1食200円、中学校では1食241円になり、コンビニのサンドイッチよりも安い、ということになります。



夕食時のビールをやめる、タバコをやめる、無駄なミニバンをやめる、スマホをやめる、等々によって、1日200円を捻出することは仕事をしている人であれば決して難しいことではないはずです。



本当に経済的な支援が必要な家庭であれば、給食費の支払いが免除される制度はどこの自治体にもあるはず。



払えないので払わないのと、払いたくないので払わないとでは、全然違います。



最近、「子どもたちの貧困」ということがしばしば取り上げられますが、何をもって貧困というのか?その基準がはっきりしていません。



私の家には、私が10歳くらいになるまで、エアコンはありませんでしたし、テレビは14型の小さいのが1台でした。

おもちゃを買ってもらった記憶もありません。

車も軽自動車でした。

ステーキなんか1回も食べたことはありませんでした。



18才で上京して借りたアパートも6畳1間で、風呂なし、トイレ共同で、家賃は3万2000円でした。



ですが、自分が貧困だと思ったことは1度もありませんでした。



家族4人で借金することなく生活できていたのですから。



この辺ではその名を知らない人はいない、大きな会社の創業家の同級生がいましたが、私でさえ1日100円のおこづかいをもらっていた当時、1日50円だったそうです。



欲しがるから与える、のではなく、与えて使い方を考えさせる、という方針だったのだと思います。




続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

とりあえず泣くのはダメ

所沢市では、2人目の子どもを出産して育児休暇を取得した場合、保育園に預けている1人目の子どもは退園させる、ということで問題になっているようです。



保育園と幼稚園は役割が違っていて、「十分な保育が受けられない小学校入学前の乳幼児を預かって保育をする施設」ということになっています。



育児休暇を取得した、ということは、仕事をしていない、家にいて乳児の面倒を見ている、ということになりますので、保育園の定義に照らすと、所沢市の主張には理由があるように見えます。



もちろん、感覚的には「?」と感じる面もありますが、子どもを預けて働かなければならない状況にあるのに、保育園に空きがないので働きに出られない、という母親もいるわけですので、そちらの需要を満たすためには、致し方ないところかもしれません。



所沢市も、「育児休暇を終えて再び働きに出ることになれば、退園させた1人目も再び受け入れる」と言っていたはずですので、テレビカメラの前で泣きながら「2人目の子どもは諦めることにしました」と訴えるのは、ちょっと違うと感じましたし、「育児休暇も就労の形態の1つである」という主張にも違和感を覚えます。



泣いて訴えるのではなく、市の姿勢が間違っているということを、市の理屈を上回る理屈を組み立てて訴えた方が効果的なはずです。




続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

和洋

生まれたときから洋式トイレしか使ったことがないという子どもが増えたため、学校のトイレの洋式化が進んでいる、と聞いたことがあります。



確かに、家を新築したけどトイレは和式にしたよー!なんて話しは聞いたことがありませんし、スーパーのトイレも洋式のものが増えてきました。



トイレは定期的に掃除するものですが、掃除という観点では洋式よりも和式の方が優れているように思います。



また、どうしても洋式では「お尻を着ける」ことになりますから、いろいろな人が使う場所では、やはり洋式よりも和式の方が適しているように思います。



個人的には、トイレに行ったときの「お腹のスッキリ感」の点においても洋式よりも和式の方が優れていると思います。



洋式よりも和式の方が好きだという人は、今どき私くらいのものでしょうか・・・・。



食事中の方、大変失礼いたしました。




続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

揃い踏み





群馬県民でありながら、ペヤングの復活に浮かれ、「ぐんまちゃんやきそば」なるものが発売されていることを知りませんでした。



不覚。



聞いたことがない食品メーカーが作っているようですが、こちらも群馬県の会社のようです。



これは食べ比べをしなければ!
続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

アメ車

プリンセスプリンセスの曲に、「でっかい車に缶カラつけて~」という曲(パレードしようよ)があります。



彼女たちのファンという訳ではなく、歌詞もその部分しか覚えていませんが、教会で結婚式を挙げた新郎新婦がオープンカーに乗ってパレードする。その車の後ろには、紐で繋いだ空き缶がいっぱい付けられていて、それを引きずって車は走る・・・・昔のアメリカの映画・ドラマにはよくそんなシーンがあり、そんな光景を勝手に思い浮かべます。



今でこそ外車=ヨーロッパ車という風潮ですが、日本が経済成長の真っ只中にあり、まだアメリカが憧れだった頃、外車といえばアメリカ車という時代がありました。



車に関心のない人でも「キャデラック」という名前は知っていると思います。



おそらく、多くの人が「キャデラック」と聞くと、こんなのとか







こんなのとか







を思い浮かべると思いますし、かく言う私もその1人です。



ですが、最新のキャデラックはイメージを覆す、こんな感じだそうです。







しかもコレ、エンジンはたったの2000cc(ターボ付)だそうで、もはや5000ccとか6000ccとか、エンジンも車体も無駄にデカいのがアメリカ車、そんな時代ではないようです。



ちなみにこのキャデラックですが、一番安いグレードで449万円だそうで、国産車とほとんど変わりません。



輸出するためには、キャデラックであっても、ボディ・エンジンともに大幅にダウンサイジングしなければならない、その結果なのかもしれませんが、「これがキャデラックです!」と見せられても、「う~ん・・・・」と首を傾げてしまいそうですが、実際にはどういう人が買っているのか?気になります。






続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

一夜明けて

昨日のバレーボールによる中年ボディへの影響



1 太もも痛

 ときどき飛んでくるボールをレシーブしただけですが、なぜか太ももの筋肉が張ってます。



2 腰痛

 飛んでくるボールを必死に追いかけた・・・・わけではありませんが、腰が痛いです。



3 ひざ痛

 練習中、前に落ちるボールをレシーブしたとき際、体育館の床で左ひざを打ちました。

 左ひざだけでなく、右ひざも痛いのは、なぜ?



4 腕の痛み

 レシーブすると痛くなるのは誰でも同じ。



5 親指付け根の痛み

 サーブを打つとき、親指の付け根の部分で打っていたようで、とっても痛いです。



開会の挨拶で、運営委員長だか実行委員長だかの人が、「普段の練習の成果を存分に発揮していただき~」と話していましたが、たぶん99%の参加者は「当日の朝、少し練習しただけ」だと思います。







 
続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

バリボー

昨日は珍しく夜の10時頃まで仕事をしてました。



これだけ仕事が集中するのは私には珍しいことで、集中して処理した分、それ以降はしばらく暇になる、ということでもあります。



毎日、疲れない程度にポツポツと途切れずに仕事が続くのがベストですが、それは私の都合であって、「週明けでも大丈夫ですか?」なんて言った瞬間に仕事は他所の事務所へ、そして次からオファーは来なくなる・・・・ので、土曜でも日曜でも、仕事があるかぎりは仕事をするのが零細自営業ということになります。



今日は地区のバレーボール大会に招集され、朝から母校の中学校(西中)の体育館へ行って来ました。



バレーボールは体育の授業で何回かやっただけのド素人ですが、前回のソフトボール大会同様、出ることに意味があり、上手い下手は全く問題ではありません。







西中の体育館は太田市の学校の体育館の中では1番古いと言われていて、私の在学中はまだ古かったのですが、今ではキレイに建て替えられています。



そもそも、中学校の敷地に足を踏み入れるのは、卒業してから初めてのこと。



裏にあった木造校舎も鉄筋コンクリート造の校舎に建て替えられていますが、給食室は当時のままでした。







基本的にジャージでの学校生活でしたが、年に何度か制服を着ることがあり、冬の西風が強い日には、給食室への渡り廊下を2階の窓から眺めていると、女子生徒のスカートが強風に煽られ・・・・



今の現役の生徒たちも、そんな楽しみ方をしているのでしょうか?



平和な時代でした。






続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>