時論自論

かみなりがゴロゴロ鳴ると押入れの中で泣いていた子が大人になった日記

カルテは誰のもの?

先日の新聞の読者投稿欄に、そんなことが書かれてありました。



至極同感です。



生まれたときに、ICチップ入りのカードを1人1枚発行し、医療機関に受診する都度、どんな症状で、どんな診断の下に、どんな薬を処方されたのか。レントゲン写真、血液検査の結果、手術をしたときのこと、等々、データを書き込んでもらい、それを自分で持ち歩くようにすれば、「病気の履歴書」が出来ます。



あっちの病院で原因不明、こっちの病院でも原因不明、といった感じで、病院を渡り歩く人もいますが、その都度、同じような検査を受けますので、医療費の削減にもつながります。



国民からすれば、メリットしかないと思えますが、どうしてそういうシステムが出来ないのでしょう?



カルテって、ずっと保存されているわけじゃなくて、何年か経つと廃棄されちゃうんですよね。



私は何度か手術を受けていますので、そのときの検査結果がどんなものであったのか、CTの画像はどんなものであったのか、等々、貴重なデータが簡単に廃棄されてしまうのは、いたたまれません。



レセプトの電子化とともに、カルテも電子化してもらって、患者もその情報を共有するシステムを作りたい!と、ずーっと思ってました。



どうすれば作れるのかなぁ?



国会議員になれば作れるのかな?



それは無理だなぁ・・・・。



誰か一日も早くそんな便利なシステムを作ってください。


続きを読む
スポンサーサイト



未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

スマホ+LINEの本当のところを知りたい

先月、スマホに変えたという同級生から話しを聞いたところ、なんだかんだで月に1万!は超えてしまう、ということでした。



昨日、違う同級生から話しを聞いたところ、家族4人で月に2万未満だよ!ということ。



んー・・・・どっちが正しいのでしょう?



同じ会社どうしであれば、通話料が無料!だという話しもあります。



メリットとして、メールアドレスを知らなくても電話番号が登録されていればOKとか、相手がメールに目を通したかどうか確認できるとか。



デメリットもいろいろあるようです。



私は、電話が出来て、ちょとしたメールのやりとりができれば、それでOK



それ以外の機能は不要です。



料金では、どちらかお得なのでしょう???



料金が安ければ、どちらでもOK!
続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

金精峠は積雪でシャーベット

金精峠の除雪が終わって開通した、と書いてありましたので、草木から日光へ入って、金精峠を通って沼田へ下りる・・・・そんなルートで出発しました。





雪を被った日光男体山





1か月前は誰もいなかった戦場ヶ原の三本松茶屋



さすがに、まだ寒く、真冬の格好で来て正解です。



湯元温泉をパスして、金精峠を登って行くと、擦れ違うライダーがみんな手を振って来ます。



(今日はみんな随分とフレンドリーだね~♪)なんて思いながら手を振り替えしていると、日陰の路面はシャーベットが乗っています。



おお?みんなココを通ってきたの??やるねー!



そんなことを思いながら、どんどん登って行くと・・・・全面にシャーベットが乗った道路が現れました。



ここで初めて気がつきました。



みんな手を振っていたのは、ダメだよ~!って意味だったのか、と。



登り坂の途中で、シャーベットの上でのUターンは、ちょっと怖かったです。



登ってきた道を下り始めると、何も知らない白いバイクが登って来ました。



(登れないよ~ダメだよ~)と、手を左右に振って合図すると、彼も手を振り返して、そのまま登っていってしまいました。まるで、さっきまでの私のように(笑)。



5月は志賀草津高原へ行こうと思っていましたが、日光であの状態ですので、たぶんダメでしょうね・・・・。




続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

赤外線カメラ

今日の研修会で、既にコンビニのコピー機から発行される住民票、印鑑証明書等が実際に出回っている、ということを知りました。



コンビニのコピー機のセンサー部分に、住基カードを乗せ、暗証番号を入力し、画面をタッチ選択することで、まさにコンビニのコピー機でカラーコピーされた住民票や印鑑証明書等がプリントアウトされるシステムだそうです。



料金はnanakoで支払う、そんな感じだったと思います。



コンビニのコピー機で、普通のコピー用紙と全く同じ用紙に、住民票や印鑑証明書のPDFが印刷されて、プリントアウトされるようで、それが原本なのか?原本をカラーコピーしたものか?見ただけでは判別不能のようです。



見破るためには、赤外線を照射しなければならず、赤外線を照射すると「証」の字が浮かび上がってくるんだとか。



そんな住民票や印鑑証明書が既に出回っているとなると、赤外線照射装置(6000円くらい)を導入しなければなりません。



市役所まで行かなくても、地区の行政センターで取得できますので、できれば、従来どおりの住民票、印鑑証明書をお願いしたいところですが、「これが本物ですよ!疑ってるんですか!?」なんて言われないためにも、この機材の導入は不可避ですね。
続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

反貧困って何だろう

貧困問題、格差社会、ワーキングプア・・・・よく耳にする言葉です。



私の感覚では、貧困というのは、着る服もなくてランニングシャツ1枚、パンツ1枚で路地裏に座っている子どもの姿のようなものを思い浮かべますが、今の日本で、そういう子どもを見たことがありません。



野口英世の家がとても貧しかったのは有名ですが、お母さんは、男と一緒になって、冬の雪山で荷物を担いで、生計を立てていた、と本で読んだことがあります。



お金がない、生活が苦しいと言いながら、右手にはスマートホン。



車がなくなると仕事に行けない、と言いながら、毎月自動車ローンを5万も払ってる。



いえいえ。私は折りたたみ式自転車で1時間かけて通勤している人を知ってます。



郵便屋さんも新聞配達も、雨が降っても、寒くても、毎日、原付バイクか自転車です。



私自身、1日食費500円で生活していたことがあります。



なければ、ないなりに考える。



そういう発想はどこかへ行ってしまったようです。






続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

校友会

今日は太田支部の定時総会があり、ナウリゾートホテルへ行ってきました。



総会後の懇親会では、白門会について盛り上がっており、部外者の私には何が何だかサッパリ^^;



母校の太田高校にも金山同窓会という校友会があることは知っていますが、参加者の平均年齢が60才ということで、ちょっと私にはハードルが高すぎで、ここに顔を出すのは棒高跳びで6mに挑むようなもの、そんな感じがします。



母校の早稲田大学の方は、地元に「太田稲門会」というのがあるらしいのですが、HPを見ても、どんな人がいて、どんなことをしているのか、全く分りません(笑)。らしい、と言えば、らしい、です。



一応、メールフォームがあり、アクセスするように書かれていますが、人一倍人見知りな私には、これも2mのバーに背面飛びで挑むくらい、ハードルが高いです><



どなたか、中の人がいらっしゃれば、どんな人がいて、どんなことをしているのか、教えて下さい。
続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

つぶやきシロー

全く見かけなくなりましたが、昨日の新聞で、一口コラムを書いていました。



GWが近づいてきたわけですが、テレビ番組で、「どこへ行かれますか?」と街頭アンケートを取っていたそうで、その様子に対して、「まるで、GWにはどこかへ出かけるのが義務のような、家でのんびり過ごすことが悪であるかのような、そんな聞き方」だったと、つぶやき、「どこへ行っても混雑しているGWでクタクタに疲れたお父さんには、GWの後にこそ休みが欲しい」とまとめてありました。



素晴らしい着眼点です。



お盆の時期と、年末年始には、必ず、ごった返した成田空港の発着ロビーの様子が映し出されます。あんな映像を見せ付けられていると、「長い連続休暇には家族を連れて海外旅行へ行くのが『あるべき姿』なんだ」といった、変な考え方を抱いてしまう人もいるかもしれません。



毎年海外旅行に出かける裕福な家もあるでしょうし、勤続10年で長期休暇をもらったので家族サービスという家もあるでしょうが、あの映像からは、「みんな長期休暇には海外旅行に行くもんだ」というイメージを植えつける、一種のサブリミナル効果があるような気がします。



人生は楽しむもの、そんなイメージです。



もちろん、忍耐の人生よりも、楽しい人生の方がいいに決まっていますが、「あんな時代もあったねと いつか笑って話せるわ」というように、そのときは苦労だと感じても、時間が経って振り返ってみれば笑って話せるようになる、それこそが「人生」なのではないでしょうか。



海にスキーにドライブにと繰り出す歌が多いユーミンよりも、私は断然、中島みゆき派です。



話しは戻って、つぶやきシローですが、彼の訛りは、佐野市周辺の独特なものだと思います。私の知っている佐野近辺の人は、みんなあんな感じで話します。
続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

静電気

土曜日の夜、雨が降ったばかりだというのに、今日はとても空気が乾燥しているようで、車に乗り降りする度、静電気がバチバチきます。



車に乗る前には、手のひらを地面にベタリと着けると、痛さを感じることなく、放電できます。



車から下りた後、事務所に入る前には、車のカギと事務所の扉を1回こすり合わせることで、痛さを感じることなく放電できます。



バチッ!とくるショックはイヤなもの。



お試しあれ。
続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

我が家の一員に追加

近所の「こどもの国」の売店で売っていると知り、ついお買い上げしてしまった・・・。




続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

災い転じて

私が小学校6年生のとき、群馬県で国体(あかぎ国体)が開催されるにあたって、「ぐんまちゃん」が誕生しました。





その後、作者と著作権のゴタゴタがあったようで、「ゆうまちゃん」として活躍していたキャラクターが、「2代目ぐんまちゃん」を襲名することになりました。



この2代目が、いつぞやの「ゆるキャラグランプリ」で、三位に輝いたわけですので、災い転じてなんとやら、です。



東進ハイスクールの現代文の講師(林修氏)も、当初は、例のテレビCMは評判が悪く、「いつやるか?今でしょ!」という表情がムカツクと言われていましたが、今ではテレビやラジオに出演するだけでなく、著書もなかなかの売れ行きだそうです。これも災い転じて・・・の一例でしょう。



長いことやってると、いつ、何がきっかけになって、調子が良くなるか分からない。



石の上にも三年と言いますが、三年では短いような気がします。十年くらいは必要でしょうか。



太田市のゆるキャラ「おおたん」ですが



日曜日に等身大のおおたんがイオンの中を歩いているのを見かけたことがあります。

小さい子どもに握手を求めに行ったところ、泣いて逃げられてしまいました(笑)。



おおたんが日の目を見るのは、いつのことでしょう。


続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>