時論自論

かみなりがゴロゴロ鳴ると押入れの中で泣いていた子が大人になった日記

贈る言葉より

 信じられぬと嘆くよりも

 人を信じて傷つく方がいい

 求めないで やさしさなんか

 臆病者の言い訳だから



この歌を聴いたのは小学校低学年(3年生くらい)だったと思いますが、今でもときどき歌詞の言わんとすることを反芻することがあります。



でも、、、ですよね。



この世の中には人の悪口を言って喜んでいる下衆な人間はいくらでもいますし、親切そうな顔をしてるけど内心では人を貶めようとしている悪い人間もいくらでもいます。



昔からよく知っている人間でさえ、果たしてその人間が本心では何を考えているのか?なんて想像もつきません。



ましてや、名前も顔も分からないインターネットの世界ならば、いわんやをや、です。



聖人君子に見えるような人だって、自分を守るために嘘を付いたことがない人はいないだろうし、他人を妬んだことがない人はいないと思います。人間なんてそんなものだと思います。



だから、余計に金八先生の語りかけるような歌を何度も反芻してしまうのかもしれません。










続きを読む
スポンサーサイト



未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

SL見物





天気がいいのでバイクに乗ってSLを見てきました。



高速で片道1時間半、往復3時間。



SLはあっという間に通り過ぎていきました。
続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

のら

かつて人に飼われていた犬で半野生化したものが野良犬



かつて人に飼われていた猫で半野生化したものが野良猫



野良猫はまだまだいますが、野良犬は見かけなくなりました。



福島では家畜として飼われていた牛、豚、ダチョウが道路を闊歩している映像が流れましたが、どうなったんでしょうか?



牛、豚、ダチョウも、かつて飼われていた畜舎でエサをやれば、また戻ってくるのでしょうか。



それとも自由を知ってしまったので、二度と畜舎の中には入らないのでしょうか。



野良牛、野良豚、野良ダチョウといった新しい言葉が出来てしまうのでしょうか。
続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

今日の言葉

逃げ出すな



道はいくらでもある



逃げ出したら逃げ道しかない



 



 誰の言葉かと思ったら金八先生の言葉だそうです。



 さっきネットで拾いました(笑)。 
続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

写生

体育の次は図画工作にします。



どこの学校でも年に一度は写生大会があったと思います。



金山を登って呑龍さまへ行くことが多かった気がします。



呑龍さまへ行けば、本堂・開山堂・鐘突き・水のみを描くのが定番でしょう。



でも、すぐに飽きてしまうんですよね。



飽きて、今はなき動物園の方へ遊びに行ったり、滑り台で遊んだりして、先生に見つかって叱られるわけです。



マジメに描いている女の子たちは絵の具で色を塗っていても、こっちはまだ下書きすら終わらないわけです。



その状態で学校に帰ってきて、次の図工の時間に完成させるわけですが、下書きすら終わっていないということは、思い出しながら適当に描いて、思い出しながら適当に色を塗って・・・・それでまともな絵になるはずがありません。



それでもOKな時代っていうのは素晴らしい。
続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

くじ運

私が一番苦労した科目は体育です。



運動が苦手ということではありません。



小、中、高と普通に体育の授業を受けてきましたし、体育で5を取ったこともありました。



苦労をしたのは大学の体育です。



大学に行ってまで体育の授業があるなんて、当時の私は全然知りませんでしたので驚きました。そして、体育の授業を選べるということにも驚きました。スキー、テニスはもちろんのこと、ヨット、乗馬なんていう授業もありました。



人気が集中するとクジ引きとなり、ハズレを引くと2次登録に回されます。この時点で既に人気のない授業しか残っていないのですが、2次登録でもハズレを引くと3次登録まで回されます。3次登録は早い者勝ちでした。



2年生になれば「安全パイ」を狙って、最初からあまり人気が集中しなそうな授業を登録するのですが、何も知らない新入生だった私は「卓球」で登録してハズレを引きました。



2次登録では高校で経験のある「柔道」を登録しましたが、これもハズレを引き、日曜日の朝、3次登録の会場へ向かいました。



残っていたのは、相撲、ラグビー、レスリング等々の格闘技ばかり。募集要項を読んで「エアロビクスを取り入れるので女性も可」と書かれていたレスリングを登録しました。



しかし、あくまでもレスリングです。エアロビクスの正体はアップテンポの曲に合わせた腕立て伏せ・腹筋でした。



ジャロに訴えたくなりました。



結局、順調に行けば2年で終わる体育ですが、私は4年までひきずりました。



クジ運の強い人はテニスとスキーでクリアしますが、私は柔道と山岳でなんとかクリアしました。



柔道では「出席日数に不安のある人は私と組んで、私を倒せたら出席0でも優をあげます」と言われたので、モアイ像のように大きくて重い柔道の先生相手に果敢に挑みました。



山岳は4年生でしたので、この単位を取らないことには卒業できないので、短期集中で山に行ったら最後までやり抜くしかないものをあえて選びました。



人生、そんなもんです。
続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

就活

就職活動、最近では「就活」というらしいですが、NHKを見ていたら、今の大学生はFacebookで就職活動をするのだとか。



企業の人事担当者は、(1)週に2回以上更新しているか(2)友達が60人以上いるか(3)前向きな思考をしているか等々を見て、人物評価の一材料にするとかなんとか、ホントなんでしょうか。



自分をよく見せたいという心理が働き、内申書を気にする中学生みたいになるんじゃないでしょうか。



結局、Facebookも紋切り型な更新しかされなくなれば、何の意味もないような気がします。



仕事なんて何だっていいというのが持論です。



その仕事に就いてみて染まることが出来れば続くし、染まることが出来なければ辞める、あるいは我慢する。



仕事なんて所詮それ以上でもそれ以下でもありません。
続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

キャッチフレーズの掛け直し

「借金の問題は必ず解決できます」



今まで私たちはこう訴えることで、ヤミに手を出してしまう人を防ごうとし、自殺してしまう人を防ごうとしてきました。



ただ、ここ最近の動向を見ていると、もうこのキャッチフレーズは通用しない、過去のものとなっているような気がしてなりません。



理由は破産事件における管財人選任事件の増加です。



管財人の正式名称は破産管財人で、債務者の意向とは無関係に裁判所が弁護士の中から選任します。裁判所から「管財事件として進行します」と言われた瞬間、管財人の報酬を納めなければならないという難問に直面します。



一般的に管財人の報酬は50万円で、事案によっては30万円くらいになったりすることもあり、債務者の状況と交渉次第では20万円くらいにまで下がったりすることもありますが、いずれにしても大金です。



破産状態に陥ってからお金を借りることは免責不許可事由に該当しますので、家族が「援助」してくれない限り、自分でその大金を捻り出さなければなりません。



なので「いざとなったら20万円~50万円をすぐに用意できる人であれば、借金の問題はたぶん解決できます。」と訂正しなければならない感じです。



もちろん、この管財人の報酬の他、弁護士・司法書士の手続報酬が発生します。



お金がないから自己破産しなければならないのに、まとまったお金を用意できないと自己破産することさえできない、という変なことになりつつあるのが現状です。




続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

矯正

子どもの頃は何ともなかったのに、大人になってある日気づいたらO脚になってました。



父が酷いO脚だったので、遺伝したのでしょうか?



あちこち情報収集をしたところ、運動をして膝の内側が痛くなるのはO脚であることが原因で間違いなさそうです。O脚の人は、膝の内側に全体重がかかるということです。



これは矯正せねば!



両膝の間にタオルを1枚挟んで、1日20回スクワットをすることでO脚は矯正できる、と書かれていたので、さっそく実践してみたいと思います。



O脚が矯正されれば、身長も数ミリ程度は伸びるかもしれませんし(笑)。
続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

準備書面

訴訟継続中の事件、被告が代理人弁護士を立ててきたので、久しぶりに気合を入れて準備書面を作成中。



被告が弁護士を立てても、原告は十分に本人訴訟で立ち向かえるように支援するのが私たちの仕事。



1件1件、本人訴訟による実績を作って、「裁判は難しくない」という認識を広めるのが私たちの使命。
続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>